設置と導入の概要

StorageGRIDサービスはStorageGRIDの初期導入時に設置することも、後日拡張の一環としてサービス アプライアンス ノードを追加することもできます。

開始する前に

StorageGRIDシステムが、必要なバージョンのStorageGRIDソフトウェアを使用している必要があります。
アプライアンス 必要なStorageGRIDのバージョン
SG100 11.4以降(最新のホットフィックスを推奨)
SG1000 11.3以降(最新のホットフィックスを推奨)

設置と導入のタスク

StorageGRIDアプライアンスの準備とグリッドへの追加の作業には2つのフェーズがあります。

1.アプライアンス ハードウェアの設置と設定

StorageGRIDアプライアンス ハードウェアを設置および設定する手順は次のとおりです。
  1. 設置の準備
    • 設置場所の準備
    • 開梱と内容の確認
    • 追加機器と工具の入手
    • ネットワーク構成の確認
  2. ハードウェアの設置
    • ハードウェアの登録
    • キャビネットまたはラックへのアプライアンスの設置
    • アプライアンスのケーブル接続
    • 電源コードの接続と電源の投入
    • ブート時のステータス コードの確認
  3. ハードウェアの設定
    • StorageGRIDアプライアンス インストーラへのアクセス、およびStorageGRIDのネットワークに接続するために必要なリンクとネットワークIPの設定
    • アプライアンスのベースボード管理コントローラ(BMC)インターフェイスへのアクセス

2.アプライアンスのゲートウェイ ノードまたは管理ノードの導入

アプライアンスのハードウェアの設置と設定を行ったら、アプライアンスをStorageGRIDシステムのゲートウェイ ノードまたは管理ノードとして導入できます。
タスク 手順
新しいStorageGRIDシステムにアプライアンスのゲートウェイ ノードまたは管理ノードを導入する サービス アプライアンス ノードの導入
既存のStorageGRIDシステムにアプライアンスのゲートウェイ ノードまたは管理ノードを追加する StorageGRIDシステムの拡張手順
ノードのリカバリ処理の一環としてアプライアンスのゲートウェイ ノードまたは管理ノードを導入する リカバリとメンテナンスの手順