アラートのEメール通知の設定

アラート発生時にEメール通知が送信されるようにするには、BMCインターフェイスを使用してSMTP設定、ユーザ、LANデスティネーション、アラート ポリシー、およびイベント フィルタを設定する必要があります。

開始する前に

BMCダッシュボードへのアクセス方法を確認しておく必要があります。

タスク概要

BMCインターフェイスでは、[Settings]ページの[SMTP Settings]、[User Management]、[Platform Event Filters]の各オプションを使用してEメール通知を設定します。
BMCの[Settings]メニュー

手順

  1. SMTPを設定します。
    1. [Settings] > [SMTP Settings]を選択します。
    2. [Sender Email ID]に有効なEメール アドレスを入力します。
      このEメール アドレスは、BMCがEメールを送信する際の送信元アドレスとして指定されます。
  2. アラートを受信するユーザを設定します。
    1. BMCダッシュボードで、[Settings] > [User Management]を選択します。
    2. アラート通知を受信するユーザを少なくとも1人追加します。
      ユーザに設定するEメール アドレスは、BMCによるアラート通知の送信先アドレスです。たとえば、notification-userなどの汎用ユーザを追加したり、テクニカル サポート チームのEメール配信リストのEメール アドレスを使用したりできます。
  3. アラートのLANデスティネーションを設定します。
    1. [Settings] > [Platform Event Filters] > [LAN Destinations]を選択します。
    2. LANデスティネーションを少なくとも1つ設定します。
      • デスティネーション タイプとして[Email]を選択します。
      • [BMC Username]として、前の手順で追加したユーザ名を選択します。
      • 複数のユーザを追加して、すべてのユーザが通知メールを受信できるようにする場合は、ユーザごとにLANデスティネーションを追加する必要があります。
    3. テスト アラートを送信します。
  4. アラート ポリシーを設定して、BMCがアラートをいつどこに送信するかを定義できるようにします。
    1. [Settings] > [Platform Event Filters] > [Alert Policies]を選択します。
    2. LANデスティネーションごとに少なくとも1つのアラート ポリシーを設定します。
      • [Policy Group Number]として、[1]を選択します。
      • [Policy Action]として、[Always send alert to this destination]を選択します。
      • [LAN Channel]として、[1]を選択します。
      • [Destination Selector]で、ポリシーのLANデスティネーションを選択します。
  5. さまざまなイベント タイプのアラートを適切なユーザに送信するようにイベント フィルタを設定します。
    1. [Settings] > [Platform Event Filters] > ]Event Filters]を選択します。
    2. [Alert Policy Group Number]に「1」と入力します。
    3. アラート ポリシー グループに通知するイベントごとにフィルタを作成します。
      • 電源アクション、特定のセンサー イベント、またはすべてのイベントのイベント フィルタを作成できます。
      • 監視するイベントが不明な場合は、[Sensor Type]として[All Sensors]、[Event Options]として[All Events]を選択します。不要な通知が送信される場合は、選択内容をあとで変更できます。