SG100およびSG1000の用途

StorageGRIDサービス アプライアンスは、ゲートウェイ サービス、および一部のグリッド管理サービスの冗長性を提供するためにさまざまな方法で設定できます。

アプライアンスは、ゲートウェイ ノードとして新規または既存のグリッドに追加できます。プライマリまたは非プライマリの管理ノードとして新しいグリッドに追加することも、非プライマリ管理ノードとして既存のグリッドに追加することもできます。

アプライアンスを使用すると、S3 / Swiftデータ パス接続に対し、ハイアベイラビリティ(HA)グループとインテリジェントなロード バランシングを実装できます。

アプライアンスの機能を最大限に活用する例を次に示します。

StorageGRIDストレージ アプライアンスとともにSG100およびSG1000サービス アプライアンスを使用すると、外部のハイパーバイザやコンピューティング ハードウェアに依存しない、アプライアンスのみのグリッドを構築できます。