管理ポートのネットワーク ボンディング モード

サービス アプライアンスの2つの1GbE管理ポートでは、オプションの管理ネットワークに接続するためのネットワーク ボンディング モードとして、IndependentまたはActive-Backupを選択できます。

SG100のネットワーク管理ポート

SG1000のネットワーク管理ポート
SG1000のネットワーク管理ポート

Independentモードでは、左側の管理ポートだけが管理ネットワークに接続されます。このモードではパスは冗長化されません。右側の管理ポートは接続されず、一時的なローカル接続(IPアドレス169.254.0.1)に使用できます。

Active-Backupモードでは、両方の管理ポートが管理ネットワークに接続されます。一度に1つのポートのみがアクティブになります。アクティブなポートで障害が発生すると、自動的にバックアップ ポートにフェイルオーバーして接続が継続されます。これら2つの物理ポートを1つの論理管理ポートにボンディングすることで、管理ネットワークへのパスが冗長化されます。
注: 1GbE管理ポートがActive-Backupモードに設定されている場合にサービス アプライアンスへの一時的なローカル接続が必要となった場合は、両方の管理ポートからケーブルを取り外し、一時的なケーブルを右側の管理ポートに接続し、IPアドレス169.254.0.1を使用してアプライアンスにアクセスしてください。
番号 ネットワーク ボンディング モード
A Active-Backupモード。両方の管理ポートが、管理ネットワークに接続された1つの論理管理ポートにボンディングされます。
I Independentモード。左側のポートが管理ネットワークに接続されます。右側のポートは一時的なローカル接続(IPアドレス169.254.0.1)に使用できます。