SG6060の概要

StorageGRID SG6060アプライアンスは、コンピューティング コントローラ、および2台のストレージ コントローラと60本のドライブを搭載したストレージ コントローラ シェルフで構成されます。必要に応じて、60ドライブ拡張シェルフも追加できます。

SG6060のコンポーネント

SG6060アプライアンスには、次のコンポーネントが含まれています。

コンポーネント 説明
コンピューティング コントローラ 1ラック ユニット(1U)サーバのSG6000-CNコントローラ。構成は次のとおりです。
  • 40コア(80スレッド)
  • 192GB RAM
  • 25Gbpsアグリゲート イーサネット帯域幅×最大4
  • 16Gbps Fibre Channel(FC)インターコネクト×4
  • ベースボード管理コントローラ(BMC)- ハードウェア管理を簡素化
  • 冗長電源装置
ストレージ コントローラ シェルフ
4UシェルフのEシリーズE2860コントローラ シェルフ(ストレージ アレイ)。構成は次のとおりです。
  • EシリーズE2800コントローラ×2(デュプレックス構成)- ストレージ コントローラのフェイルオーバーをサポート
  • 5ドロワー ドライブ シェルフ - 3.5インチ ドライブを60本(SSD×2、NL-SASドライブ×58)収容
  • 冗長電源装置とファン
オプション:ストレージ拡張シェルフ
注: 拡張シェルフは初期導入時に設置するか、あとから追加することができます。

4UシェルフのEシリーズDE460Cエンクロージャ。構成は次のとおりです。

  • Input/Output Module(IOM;入出力モジュール)×2
  • 5ドロワー - それぞれにNL-SASドライブを12本(合計60本)収容
  • 冗長電源装置とファン

SG6060アプライアンスには拡張シェルフを1台または2台設置して、合計180本のドライブを取り付けることができます。

SG6060の図

次の図は、SG6060の前面です。このアプライアンスは、1Uコンピューティング コントローラ1台、2台のストレージ コントローラと5つのドライブ ドロワーに60本のドライブを搭載した4Uシェルフ1台で構成されています。
SG6060の正面図
1 前面ベゼルを取り付けた状態のSG6000-CNコンピューティング コントローラ
2 前面ベゼルを取り付けた状態のE2860コントローラ シェルフ(オプションの拡張シェルフの外観も同様)
3 前面ベゼルを取り外した状態のSG6000-CNコンピューティング コントローラ
4 前面ベゼルを取り外した状態のE2860コントローラ シェルフ(オプションの拡張シェルフの外観も同様)
次の図は、SG6060の背面です。コンピューティング コントローラ、ストレージ コントローラ、ファン、電源装置が搭載されています。
SG6060の背面図
1 SG6000-CNコンピューティング コントローラの電源装置(×2)
2 SG6000-CNコンピューティング コントローラのコネクタ
3 E2860コントローラ シェルフのファン(×2)
4 EシリーズE2800ストレージ コントローラ(×2)とコネクタ
5 E2860コントローラ シェルフの電源装置(×2)
次の図は、SG6060のオプションの拡張シェルフの背面です。入出力モジュール(IOM)、ファン、電源装置が搭載されています。各SG6060には拡張シェルフを1台または2台設置できます。これらは初期設置に含めることも、あとから追加することもできます。
拡張シェルフの背面
1 拡張シェルフのファン(×2)
2 拡張シェルフのIOM(×2)
3 拡張シェルフの電源装置(×2)