設置と導入の概要

StorageGRIDストレージ アプライアンスはStorageGRIDの初期導入時に設置することも、後日拡張の一環として追加することもできます。リカバリ処理の一環としてアプライアンス ストレージ ノードの設置が必要となる場合もあります。

開始する前に

StorageGRIDシステムが、必要なバージョンのStorageGRIDソフトウェアを使用している必要があります。
アプライアンス 必要なStorageGRIDのバージョン
拡張シェルフを使用しないSG6060 11.1.1以降
拡張シェルフを使用する(1台または2台)SG6060 11.3以降
注: 初期導入後に拡張シェルフを追加する場合は、バージョン11.4以降を使用する必要があります。
SGF6024 11.3以降

設置と導入のタスク

StorageGRIDシステムへのStorageGRIDストレージ アプライアンスの追加は、主に4つの手順で行われます。

  1. 設置の準備
    • 設置場所の準備
    • 開梱と内容の確認
    • 追加機器と工具の入手
    • IPアドレスとネットワーク情報の収集
  2. ハードウェアの設置
    • ハードウェアの登録
    • キャビネットまたはラックへのアプライアンスの設置
    • ドライブの取り付け
    • オプションの拡張シェルフの設置(モデルSG6060のみ、最大2台)
    • アプライアンスのケーブル接続
    • 電源コードの接続と電源の投入
    • ブート時のステータス コードの確認
  3. ハードウェアの設定
    • SANtricity System ManagerにアクセスしてSANtricity System Managerを設定
    • StorageGRIDアプライアンス インストーラへのアクセス、ストレージ コントローラの管理ポート1の静的IPアドレスの設定、StorageGRIDのネットワークに接続するために必要なリンクとネットワークIPの設定
    • SG6000-CNコントローラのベースボード管理コントローラ(BMC)インターフェイスへのアクセス
  4. ストレージ ノードとしてのアプライアンスの導入
    タスク 手順
    新しいStorageGRIDシステムへのアプライアンス ストレージ ノードの導入 アプライアンス ストレージ ノードの導入
    既存のStorageGRIDシステムへのアプライアンス ストレージ ノードの追加 StorageGRIDシステムの拡張手順
    ストレージ ノードのリカバリ処理の一環としてアプライアンス ストレージ ノードを導入する リカバリとメンテナンスの手順