VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスの概要

Virtual Storage Console(VSC)、VASA Provider、Storage Replication Adapter(SRA)仮想アプライアンスは、ネットアップ ストレージ システムを使用するVMware環境で、仮想マシンのエンドツーエンドのライフサイクル管理機能を提供します。管理者がストレージをvCenter Serverで直接管理できるため、VMware環境のストレージとデータの管理が簡単になります。

VMwareはvSphere 6.5でvSphere Clientという名前の新しいHTML5ベースのクライアントを導入しました。VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンス9.6では、vSphere Clientのみがサポートされます。VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスはvSphere Clientと統合されており、シングル サインオン(SSO)サービスを利用できます。vCenter Serverインスタンスが複数ある環境では、管理するvCenter Serverインスタンスごとに固有のVSCインスタンスを登録する必要があります。

仮想アプライアンスの各コンポーネントは、ストレージをより効率的に管理するための機能を提供します。

Virtual Storage Console(VSC)

VSCでは次の作業を実行できます。

NFS Plug-in for VMware VAAIを使用すると、VSCのプロビジョニング処理にメリットがあります。NFS Plug-in for VMware vStorage APIs for Array Integration(VAAI)はソフトウェア ライブラリであり、ESXiホストにインストールされているVMwareの仮想ディスク ライブラリと連携します。VMware VAAIパッケージを使用すると、特定のタスクを物理ホストからストレージ アレイにオフロードできます。シンプロビジョニングやハードウェア アクセラレーションなどのタスクをアレイ レベルで実行して、ESXiホスト上のワークロードを削減できます。コピー オフロード機能やスペース リザベーション機能によって、VSCの処理のパフォーマンスが向上します。

NetApp NFS Plug-in for VAAIはVSCに付属していません。ネットアップ サポート サイトから、このプラグインのインストール パッケージをダウンロードして、インストール手順を確認できます。

VASA Provider

VASA Provider for ONTAPは、VMware vSphere APIs for Storage Awareness(VASA)を使用して、VMware vSphereで使用されているストレージに関する情報をvCenter Serverに送信します。VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンス9.6では、VASA ProviderはVSCに統合されています。

VASA Providerでは次の作業を実行できます。

VASA Providerは、vCenter Serverとの通信にはVASA API、ONTAPとの通信にはネットアップAPI(ZAPI)を使用します。VASA Providerダッシュボードを表示するためには、OnCommand API ServicesをインストールしてvCenter Serverに登録しておく必要があります。

注:VASA Providerには、専用のOnCommand APIサービス インスタンスが必要です。OnCommand APIサービスの1つのインスタンスを複数のVASA Providerインスタンスで共有することはできません。

Storage Replication Adapter(SRA)

SRAを有効にしてVMware Site Recovery Manager(SRM)と一緒に使用している場合、障害時にvCenter Serverデータストアと仮想マシンをリカバリできます。SRAを使用して、障害時のディザスタ リカバリ用に、環境内の保護対象サイトとリカバリ サイトを設定できます。