VSC for VMware vSphereで設定されるESXiホストの値

Virtual Storage Console for VMware vSphereでは、最適なパフォーマンスが得られ、フェイルオーバーが正常に実行されるように、ESXiホストのタイムアウトなどの値が設定されます。Virtual Storage Console(VSC)で設定される値は、ネットアップ独自のテスト結果に基づいています。

VSCで設定されるESXiホストの値を次に示します。

ESXiの高度な設定

VMFS3.HardwareAcceleratedLocking
この値を1に設定します。
VMFS3.EnableBlockDelete
この値を0に設定します。

NFS設定

Net.TcpipHeapSize
この値を32に設定します。

他のすべてのNFS構成では、この値を30に設定します。

Net.TcpipHeapMax
vSphere 6.0以降を使用している場合は、この値を1536に設定します。

vSphere 5.5を使用している場合には、この値を512に設定します。

vSphere 5.0または5.1を使用している場合は、この値を128に設定します。

vSphere 5.0以前を使用している場合は、この値を120に設定します。

NFS.MaxVolumes
vSphere 5.0以降を使用している場合は、この値を256に設定します。

他のすべてのNFS構成では、この値を64に設定します。

NFS41.MaxVolumes
vSphere 6.0以降を使用している場合は、この値を256に設定します。
NFS.MaxQueueDepth
vSphere 6.0以降のESXiホストを使用している場合は、キューのボトルネックを回避するためにこの値を128以上に設定します。

vSphereのバージョンが6.0より前の場合は、この値を64に設定します。

NFS.HeartbeatMaxFailures
すべてのNFS構成でこの値を10に設定します。
NFS.HeartbeatFrequency
すべてのNFS構成でこの値を12に設定します。
NFS.HeartbeatTimeout
すべてのNFS構成でこの値を5に設定します。

FC / FCoEの設定

パス選択ポリシー
ALUAに対応するFCパスを使用する場合は、この値を「RR」(ラウンドロビン)に設定します。

他のすべての構成では、この値を「FIXED」に設定します。

この値を「RR」に設定すると、最適化されたすべてのアクティブなパスで負荷を分散できます。「FIXED」は、ALUAに対応していない従来の構成用の値で、プロキシI/Oを防止できます。つまり、Data ONTAP 7-Modeを実行する環境で高可用性(HA)ペアの他方のノードにI/Oが送られないようにすることができます。

Disk.QFullSampleSize
すべての構成でこの値を32に設定します。この値を設定すると、I/Oエラーの防止に役立ちます。
Disk.QFullThreshold
すべての構成でこの値を8に設定します。この値を設定すると、I/Oエラーの防止に役立ちます。
Emulex FC HBAタイムアウト
デフォルト値を使用します。
QLogic FC HBAタイムアウト
デフォルト値を使用します。

iSCSI設定

パス選択ポリシー
すべてのiSCSIパスで、この値を「RR」に設定します。

この値を「RR」に設定すると、最適化されたすべてのアクティブなパスで負荷を分散できます。

Disk.QFullSampleSize
すべての構成でこの値を32に設定します。この値を設定すると、I/Oエラーの防止に役立ちます。
Disk.QFullThreshold
すべての構成でこの値を8に設定します。この値を設定すると、I/Oエラーの防止に役立ちます。