VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスの導入

Virtual Storage Console(VSC)、VASA Provider、Storage Replication Adapter(SRA)仮想アプライアンスを環境に導入して、アプライアンスを使用できるように必要なパラメータを指定する必要があります。

開始する前に

タスク概要

VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスを新規に導入する場合は、VASA Providerはデフォルトで有効になります。ただし、以前のバージョンの仮想アプライアンスからアップグレードする場合は、アップグレード前のVASA Providerの状態が維持されるため、VASA Providerを手動で有効にしなければならないことがあります。

仮想データストアを設定するためのVASA Providerの有効化

手順

  1. vSphere Clientにログインします。
  2. [ホーム] > [ホストおよびクラスタ]を選択します。
  3. 目的のデータセンターを右クリックし、[OVAテンプレートのデプロイ]をクリックします。
  4. VSC、VASA Provider、SRA用の導入ファイルを指定する方法を選択し、[次へ]をクリックします。
    場所 操作
    URL VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスの.ovaファイルのURLを入力します。
    フォルダ VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスの.ovaファイルを保存先から選択します。
  5. 次の情報を入力して、導入ウィザードをカスタマイズします。
    • 導入環境の名前
    • 権限を適用するデータセンター
    • VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスを導入するホスト
    • 仮想ディスクの形式、VMストレージ ポリシー、ストレージの場所、およびネットワーク
    • 管理者のユーザ名とパスワード
      注:
      • VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスを導入する際に、vCenter Serverの管理者クレデンシャルを設定できます。

        vCenter Serverのパスワードが変更になった場合、URL:https://<IP>:8143/Register.htmlから管理者のパスワードを更新できます。IPアドレスは、VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスの導入時に指定したIPアドレスです。

      • 管理者パスワードにはスペースは使用できません。
      • メンテナンス コンソールにアクセスするには、ユーザ名「maint」を使用する必要があります。

        デフォルトのパスワードは「admin123」です。

      • DHCPを使用していない場合は、有効なDNSホスト名(非修飾)と仮想アプライアンスの静的IPアドレス、およびその他のネットワーク パラメータを指定します。これらすべてのパラメータは適切なインストールと運用のため必要です。
    • VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスの登録先のvCenter ServerインスタンスのIPアドレス(IPv4またはIPv6)。
      生成されるVSCとVASAの証明書のタイプは、導入時に指定したIPアドレス(IPv4またはIPv6)によって異なります。VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスの導入時に静的IPの詳細を入力せず、IPv4アドレスとIPv6アドレスの両方がDHCPネットワークから提供される場合は、次の点に注意してください。
      • vCenter Serverへの登録に使用するVSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスのIPアドレスは、OVA導入ウィザードで入力したvCenter ServerのIPアドレスのタイプ(IPv4またはIPv6)によって異なります。
      • vCenter Serverの登録時に使用したものと同じタイプのIPアドレスを使用して、VSCとVASAの両方の証明書が生成されます。
      • VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスのメンテナンス コンソールの[Application Configuration]メニューを使用して、パスワードを変更できます。

        VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスのメンテナンス コンソールのオプションへのアクセス

      重要:IPv6はvCenter Server 6.7以降でのみサポートされます。
  6. 設定データを確認し、[次へ]をクリックして導入を完了します。
    導入が完了するまでの間、[タスク]タブで導入の進捗状況を確認できます。
  7. 仮想アプライアンス仮想マシンの電源をオンにして、仮想アプライアンスを実行している仮想マシンのコンソールを開きます。
  8. アプライアンス コンソールにプロンプトが表示されたら、vCenter Serverに戻ります。
  9. アプライアンス仮想マシン[概要]タブで、[VMware Tools のインストール/アップグレード]を選択し、[マウント]をクリックします。
    VMware Toolsが自動的にインストールされます。インストールが完了したら、アプライアンス コンソールに表示される手順に従ってToolsのISOを切断します。
  10. VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスがvCenter Serverに登録されていない場合は、https://appliance_ip:8143/Register.htmlを使用してVSCインスタンスを登録します。
  11. vSphere Clientからログアウトして再度ログインすると、導入したVSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスが表示されます。
    1. 既存のvSphere Clientからログアウトし、ブラウザを閉じます。
    2. vSphere Clientにログインします。
      vSphere Clientでプラグインが更新されるまでに数分かかる場合があります。
      トラブルシューティング: ログインしてもプラグインが表示されない場合は、vSphere Clientのキャッシュをクリーンアップする必要があります。

      vSphereにキャッシュされたダウンロード済みプラグイン パッケージのクリーンアップ

終了後の操作

注:VASA Provider for ONTAPダッシュボードを表示するには、OnCommand API Servicesをダウンロードしてインストールする必要があります。

VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスへのOnCommand API Servicesの登録