仮想ボリューム データストアの設定

VASA Provider for ONTAPを使用して、仮想ボリューム(VVol)の作成と管理を行うことができます。仮想データストアをプロビジョニング、編集、マウント、削除できます。また、仮想データストアに対するストレージの追加や削除を行うこともできます。VVolは柔軟性に優れています。各仮想マシンと関連するVMDKをプロビジョニングして管理できます。

VVolデータストアは、ストレージ コンテナ(「バッキング ストレージ」とも呼ばれます)に含まれる1つ以上のFlexVolで構成されます。仮想マシンは1つまたは複数のデータストアに分散している場合があります。

複数のFlexVolを含むVVolデータストアを作成する場合は、ストレージ コンテナ内のすべてのFlexVolで同じプロトコル(NFS、iSCSI、またはFCP)および同じStorage Virtual Machine(SVM)を使用する必要があります。

基盤となるストレージについての詳しい情報は必要ありません。たとえば、ストレージを格納するFlexVolを特定する必要はありません。FlexVolをVVolデータストアに追加すると、ストレージ要件がストレージ コンテナで管理されるようになり、あるFlexVolにはストレージがないのに別のFlexVolはいっぱいになるといった偏った状態を防ぐことができます。

注:パフォーマンスと柔軟性を高めるために、1つのVVolデータストアに複数のFlexVolを含めることを推奨します。FlexVolのLUN数には制限があり、それによって仮想マシンの数が制限されるため、複数のFlexVolを使用することで、より多くの仮想マシンをVVolデータストアに格納することができます。

セットアップ プロセスでは、作成するVVolデータストアのストレージ機能プロファイルを指定する必要があります。1つのVVolデータストアに対して1つ以上のVASA Providerのストレージ機能プロファイルを選択できます。また、ストレージ コンテナ内に自動で作成されるVVolデータストアに適用するデフォルトのストレージ機能プロファイルも指定できます。

VASA Providerでは、仮想マシンのプロビジョニングまたはVMDKの作成時に、必要に応じてさまざまなタイプのVVolを作成します。