Virtual Storage Console for VMware vSphereストレージ システム環境の設定

Virtual Storage Console for VMware vSphereでは、1つのメカニズムでストレージ システムの検出とストレージ クレデンシャルの設定が実行されます。クレデンシャルに基づいて、Virtual Storage Console(VSC)ユーザがストレージ システムを使用してタスクを実行するために必要なONTAPアクセス許可が付与されます。

VSCでストレージ リソースを表示して管理するには、まずストレージ システムを検出しなければなりません。検出プロセスでは、ストレージ システムのONTAPクレデンシャルが必要になります。これはユーザ名とパスワードのペアに関連付けられた権限(ロール)で、ストレージ システムごとに割り当てられます。これらのユーザ名とパスワードのペアは、ONTAP RBACを使用するため、ONTAPで設定する必要があります。これらのクレデンシャルをVSCで変更することはできません。ONTAP RBACロールは、ONTAP System Managerを使用して定義できます。
注: 管理者としてログインすると、そのストレージ システムに対するすべての権限が自動的に付与されます。

VSCにストレージ システムを追加するときは、ストレージ システムのIPアドレスと、そのシステムに関連付けられているユーザ名とパスワードのペアを指定する必要があります。VSCがストレージ システムの検出プロセスで使用するデフォルト クレデンシャルを設定することも、ストレージ システムが検出されたときにクレデンシャルを手動で入力することもできます。 VSCに追加されるストレージ システムの詳細は、導入環境で有効にする拡張機能に自動的にプッシュされます。VASA ProviderとStorage Replication Adapter(SRA)にストレージを手動で追加する必要はありません。VSCとSRAは、クラスタ レベルおよびStorage Virtual Machine(SVM)レベルでクレデンシャルの追加をサポートします。VASA Providerは、ストレージ システムを追加するためのクラスタ レベルのクレデンシャルのみをサポートします。

環境に複数のvCenter Serverインスタンスが含まれている場合に[ストレージ システム]ページからVSCにストレージ システムを追加しようとすると、[ストレージ システムの追加]ダイアログ ボックスに、ストレージ システムを追加するvCenter Serverインスタンスを指定するための[vCenter Server]ボックスが表示されます。データセンター名を右クリックしてストレージ システムを追加する場合は、そのデータセンターにサーバがすでに関連付けられているため、vCenter Serverインスタンスを指定するオプションは表示されません。

検出は次の場合に実行されます。いずれの場合も、新しいストレージ システムが検出されるたびにクレデンシャルを指定する必要があります。

VSCの機能を使用してタスクを実行するときは、いずれも特定のアクセス許可が必要になります。ユーザが実行できる操作は、ONTAPロールに関連付けられたクレデンシャルに基づいて制限できます。ストレージ システムのユーザ名とパスワードのペアを同じにすれば、複数のユーザで同じストレージ システムのクレデンシャルを共有し、同じ処理を実行することができます。