Virtual Storage Console for VMware vSphereで設定されるESXiホストの値

Virtual Storage Console for VMware vSphereを使用してESXiホストにタイムアウト値やその他の値を設定することにより、パフォーマンスの最大化とスムーズなフェイルオーバーを実現できます。Virtual Storage Console(VSC)で設定される値は、ネットアップ独自のテスト結果に基づいています。

次に示すESXiホストの値を設定できます。

ESXiの高度な設定

VMFS3.HardwareAcceleratedLocking
この値を1に設定します。
VMFS3.EnableBlockDelete
この値を0に設定します。

NFS設定

Net.TcpipHeapSize
vSphere 6.0以降を使用している場合は、この値を32に設定します。
Net.TcpipHeapMax
vSphere 6.0以降を使用している場合は、この値を1536に設定します。
NFS.MaxVolumes
vSphere 6.0以降を使用している場合は、この値を256に設定します。
NFS41.MaxVolumes
vSphere 6.0以降を使用している場合は、この値を256に設定します。
NFS.MaxQueueDepth
vSphere 6.0以降のESXiホストを使用している場合は、キューのボトルネックを回避するためにこの値を128以上に設定します。

vSphereのバージョンが6.0より前の場合は、この値を64に設定します。

NFS.HeartbeatMaxFailures
すべてのNFS構成でこの値を10に設定します。
NFS.HeartbeatFrequency
すべてのNFS構成でこの値を12に設定します。
NFS.HeartbeatTimeout
すべてのNFS構成でこの値を5に設定します。

FC / FCoEの設定

パス選択ポリシー
ALUAに対応するFCパスを使用する場合は、この値をRR(ラウンドロビン)に設定します。

他のすべての構成では、この値をFIXEDに設定します。

この値をRRに設定すると、最適化されたすべてのアクティブなパスで負荷を分散できます。FIXEDは、ALUAに対応していない従来の構成用の値で、プロキシI/Oを防止できます。

Disk.QFullSampleSize
すべての構成でこの値を32に設定します。この値を設定すると、I/Oエラーの防止に役立ちます。
Disk.QFullThreshold
すべての構成でこの値を8に設定します。この値を設定すると、I/Oエラーの防止に役立ちます。
Emulex FC HBAタイムアウト
デフォルト値を使用します。
QLogic FC HBAタイムアウト
デフォルト値を使用します。

iSCSI設定

パス選択ポリシー
すべてのiSCSIパスで、この値をRRに設定します。

この値をRRに設定すると、最適化されたすべてのアクティブなパスで負荷を分散できます。

Disk.QFullSampleSize
すべての構成でこの値を32に設定します。この値を設定すると、I/Oエラーの防止に役立ちます。
Disk.QFullThreshold
すべての構成でこの値を8に設定します。この値を設定すると、I/Oエラーの防止に役立ちます。