VSC for VMware vSphereでのvCenter Server RBAC機能の使用

vCenter ServerのRBACを使用すると、vSphereオブジェクトへのアクセスを制御できます。Virtual Storage Console for VMware vSphereでは、vCenter Server RBACとONTAP RBACにより、特定のストレージ システムのオブジェクトに対して特定のユーザが実行できるVSCタスクが決まります。

タスクを完了するには、適切なvCenter Server RBACアクセス許可が必要です。VSCでのタスクの実行時、まずユーザのvCenter Serverアクセス許可が確認され、次にユーザのONTAP権限が確認されます。

vCenter Serverアクセス許可をルート オブジェクト(ルート フォルダ)に対して設定し、その後、アクセス許可が不要な子エンティティのアクセスを禁止することでセキュリティを強化できます。