VSCのポート要件

Virtual Storage Console システムと VMware の間の通信など、 Virtual Storage Console ( VSC vCenter Server)のコンポーネント間の通信には、指定のポートがデフォルトで使用されます。ファイアウォールを有効にしている場合は、例外を許可するようにファイアウォールを設定する必要があります。

Windows 以外のファイアウォールについては、 VSC で使用する特定のポートへのアクセスを手動で許可する必要があります。これらのポートへのアクセスを許可しないと、次のようなエラーメッセージが表示されます。

サーバと通信できません

VSC で使用されるデフォルトの双方向 TCP ポートは次のとおりです。

デフォルトのポート番号 説明
9083 有効 vCenter Serverにすると、 VASA Provider と Storage Replication Adapter ( SRA )の両方がこのポートを使用してと通信します。このポートはTCP/IP設定を取得する場合にも必要です。
443

クレデンシャル vCenter Server の設定方法によっては、 VMware とストレージシステムがこのポートでセキュアな通信をリスンします。

8143 VSCは、このポートでセキュアな通信をリスンします。
7 VSC は、到達可能性を検証するために ONTAP にエコー要求を送信します。この要求が必要になるのはストレージシステムの追加時だけで、あとから無効にすることができます。
注: 仮想アプライアンス VSC、VASA Provider、SRAを導入する前に、 Internet Control Message Protocol ( ICMP )を有効にしておく必要があります。

ICMPが無効になっていると、VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスの初期設定が失敗し、導入後にVSCがVSCサービスとVASA Providerサービスを開始できなくなります。導入後に、VSCサービスとVASA Providerサービスを手動で有効にする必要があります。