Virtual Storage ConsoleのSSL証明書の再生成

Virtual Storage Console(VSC)をインストールするとSSL証明書が生成されます。このSSL証明書用に生成される識別名(DN)は、クライアント マシンが認識する共通名(CN)とは異なる場合があります。キーストアと秘密鍵のパスワードを変更して証明書を再生成し、サイト固有の証明書を作成することができます。

タスク概要

メンテナンス コンソールを使用してリモート診断を有効にして、サイト固有の証明書を生成することができます。

ネットアップ ナレッジベースの回答1075654:「Virtual Storage Console 7.x: Implementing CA signed certificates」

手順

  1. メンテナンス コンソールにログインします。
  2. 1」と入力してApplication Configurationメニューにアクセスします。
  3. Application Configurationメニューで、「3」と入力してVSCサービスを停止します。
  4. 7」と入力してSSL証明書を再生成します。