VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスの高可用性の設定

Virtual Storage Console(VSC)、VASA Provider、Storage Replication Adapter(SRA)仮想アプライアンスでは、障害時にVSC、VASA Provider、SRAの機能を中断させないための高可用性(HA)構成がサポートされます。

VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスはVMware vSphereのハイアベイラビリティ(HA)機能とフォールト トレランス(FT)機能を活用することで高可用性を実現します。ハイアベイラビリティ(HA)ソリューションは、次の原因でシステムが停止した場合に迅速なリカバリを提供します。

高可用性を確保するために仮想アプライアンスで必要な設定は特にありません。vCenter ServerおよびESXiホストでのみ、要件に応じてVMware vSphere HAまたはvSphere FTを設定する必要があります。HAとFTのどちらにも、クラスタ ホストと共有ストレージが必要です。FTには追加の要件と制限事項があります。

VMware vSphere HAソリューションとvSphere FTソリューションに加え、仮想アプライアンスもVSC、VASA Provider、SRAのサービスの常時実行をサポートします。仮想アプライアンスのwatchdogプロセスが3つのサービスをすべて定期的に監視し、何らかの障害を検出するとサービスを自動的に再起動します。これにより、アプリケーションの障害を防止できます。
注: vCenter HAは、VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスではサポートされていません。