仮想データストアを設定するためのVASA Providerの有効化

Virtual Storage Console(VSC)、VASA Provider、Storage Replication Adapter(SRA)仮想アプライアンスでは、VASA Provider機能がデフォルトで有効になっています。VMware仮想ボリューム(vVol)データストアは、各vVolデータストアに必要なストレージ機能プロファイルを使用して設定できます。

開始する前に

タスク概要

仮想アプライアンス 9.7.1 にアップグレード Virtual Storage Console(VSC)、VASA Provider、Storage Replication Adapter(SRA)する前に VASA Provider 機能を無効にしていた場合は、アップグレード後も VASA Provider 機能は無効なままになります。このリリースで データストアは、 VVOL のレプリケーション機能を有効にすることができます。

手順

  1. VMware vSphereのWebユーザ インターフェイスにログインします。
  2. vSphere Client、メニュー > Virtual Storage Console の順にクリックします。
  3. [設定]をクリックします。
  4. [管理設定]タブで[機能の管理]をクリックします。
  5. [機能の管理]ダイアログ ボックスで、有効にするVASA Provider拡張機能を選択します。
  6. VVOL にレプリケーション機能 データストア を使用する場合は、「 VVol レプリケーションを有効にする」切り替えボタンを使用します。
  7. VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスのIPアドレスと管理者パスワードを入力し、[適用]をクリックします。

終了後の操作

ONTAP 9.6以前のクラスタを使用している場合、SAN vVol VMおよびSAN vVolデータストアのレポートで使用するvVolデータストアおよび仮想マシンの詳細を取得するためにOnCommand API ServicesをVASA Providerに登録する必要があります。ただし、ONTAP 9.7以降を使用している場合は、OnCommand API ServicesをVASA Providerに登録する必要はありません。