Storage Replication Adapterの有効化

Virtual Storage Console(VSC)、VASA Provider、Storage Replication Adapter(SRA)仮想アプライアンスでは、ディザスタ リカバリを設定するためにVSCでSRA機能を使用できるようにすることができます。

開始する前に

タスク概要

必要に応じてVASA ProviderとSRAの機能を有効化できるため、必要なワークフローだけを実行できます。

手順

  1. VMware vSphereのWebユーザ インターフェイスにログインします。
  2. vSphere Clientで、[メニュー] > [Virtual Storage Console]をクリックします。
  3. [設定]をクリックします。
  4. [管理設定]タブで[機能の管理]をクリックします。
  5. [機能の管理]ダイアログ ボックスで、有効にするSRA拡張機能を選択します。
  6. VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスのIPアドレスと管理者パスワードを入力し、[適用]をクリックします。
  7. 次のいずれかの方法でSRAを導入します。
    オプション 説明
    Windows SRMの場合
    1. ダウンロードしたSRAプラグインの.msiインストーラをダブルクリックします。
    2. 画面に表示される手順に従います。
    3. 導入した仮想アプライアンスのIPアドレスとパスワードを入力します。
    SRM アプライアンスの場合
    1. SRMアプライアンス ページにアクセスし、SRMアプライアンスの[Storage Replication Adapter]ページに移動します。
    2. [New Adapter]をクリックします。
    3. SRA プラグインの .tar.gz インストーラを SRM にアップロードします。
    4. アダプタを再スキャンして、SRMの[Storage Replication Adapters]ページで詳細が更新されたことを確認します。
    選択した拡張機能が設定可能になったかどうかを確認するには、vSphere Clientからログアウトして、再度ログインする必要があります。