VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスへのOnCommand API Servicesの登録

ONTAP 9.6以前を使用している場合、VMware仮想ボリューム(vVol)データストア仮想マシンの詳細をvVolダッシュボードに表示するためには、VASA ProviderのOnCommand API Servicesを登録してvVolのVMおよびデータストアのレポートのデータを取得する必要があります。

開始する前に

ネットアップ サポート サイトからOnCommand API Services 2.1以降をダウンロードしておく必要があります。

注: vVolダッシュボードには、ONTAP 9.3以降を使用してSAN vVolデータストア仮想マシンが設定されている場合にのみパフォーマンス指標が表示されます。

手順

  1. Virtual Storage Console(VSC)の[ホーム]ページで、[設定]をクリックします。
  2. [管理設定]タブで[拡張機能の管理]をクリックします。
  3. [OnCommand API Servicesの登録]スライダを使用してOnCommand API Servicesを有効にします。
  4. OnCommand API ServicesのIPアドレス、サービス ポート、およびクレデンシャルを入力します。
    [VASA Provider の拡張機能の管理]ダイアログ ボックスでは、次の変更も実行できます。
    • クレデンシャルに変更があったときにOnCommand API Servicesの登録を更新する。
    • vVolダッシュボードが不要になったときにOnCommand API Servicesの登録を解除する。

      VASA ProviderへのOnCommand API Servicesの登録を解除するには、[OnCommand API Services の登録]チェック ボックスをオフにする必要があります。

  5. [適用]をクリックします。
    vVolダッシュボードには、OnCommand API Servicesの登録が完了した時点で初めて、ONTAP 9.6以前のSAN vVolデータストアの指標が表示されます。