ストレージ システムとホストの検出

vSphere ClientでのVirtual Storage Console(VSC)の初回実行時に、ESXiホスト、そのLUNとNFSエクスポート、およびLUNとエクスポートを所有するネットアップ ストレージ システムがVSCによって検出されます。

開始する前に

タスク概要

新しいストレージ システムの検出や既存のストレージ システムの情報の更新はいつでも実行でき、容量や設定に関する最新の情報を確認することができます。VSCでストレージ システムへのログインに使用されるクレデンシャルを変更することもできます。

ストレージ システムの検出時に、VSCはvCenter Serverインスタンスで管理しているESXiホストから情報を収集します。

手順

  1. vSphere Client[ホーム]ページで、[ホストおよびクラスタ]を選択します。
  2. 必要なデータセンターを右クリックし、[NetApp VSC] > [ホスト データとストレージ データの更新]を選択します。
    処理に時間がかかる場合があることを示す[確認]ダイアログ ボックスが表示されます。
  3. [OK]をクリックします。
  4. 検出されたストレージ コントローラのうち、ステータスが認証エラーであるものを選択し、[アクション] > [変更]をクリックします。
  5. [ストレージ システムの変更]ダイアログ ボックスで必要な情報を入力します。
  6. ステータスが認証エラーのすべてのストレージ コントローラについて、手順4と5を繰り返します。

終了後の操作

検出プロセスが完了したら、次の手順を実行します。
  • [アダプタ設定][MPIO 設定]、または[NFS 設定]の列に[アラート]アイコンが表示されているESXiホストについて、VSCを使用して設定を行います。
  • ストレージ システムのクレデンシャルを入力します。