VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスの導入に関する考慮事項と要件

Virtual Storage Console(VSC)、VASA Provider、Storage Replication Adapter(SRA)仮想アプライアンスを導入する前に、導入計画を作成し、環境でVSC、VASA Provider、SRAをどのように設定するかを決めておくことを推奨します。

次の表に、VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスを導入する前に検討が必要な事項について、その概要を記載します。

考慮事項 説明
VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスを初めて導入する場合 VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスの導入時に、VSCの機能が自動的にインストールされます。

VSC、VASA Provider、SRAの導入またはアップグレード

VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスの新規ユーザ向けの導入ワークフロー

VSCの既存の導入環境からアップグレードする場合 VSCの既存の導入環境からVSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスにアップグレードする場合の手順は、VSCのバージョンと、VSC、VASA Provider、SRAが導入済みかどうかによって異なります。詳細については、導入ワークフローとアップグレードに関するセクションを参照してください。

VSC、VASA Provider、SRAの既存ユーザ向けの導入ワークフロー

アップグレード前に実施しておくべき作業:

  • 使用しているストレージ システムとそのクレデンシャルに関する情報を記録しておく必要があります。

    アップグレード後に、すべてのストレージ システムが自動的に検出され、正しいクレデンシャルが付与されていることを確認する必要があります。

  • 標準のVSCロールに変更を加えた場合、変更を保存するにはそのロールをコピーする必要があります。

    標準のロールは、VSCサービスが再起動するたびに現在のデフォルトで上書きされます。

VSCのSSL証明書の再生成 SSL証明書はVSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスの導入時に自動で生成されます。サイト専用の証明書を作成するには、SSL証明書の再生成が必要な場合があります。

Virtual Storage ConsoleのSSL証明書の再生成

ESXiサーバの値の設定 ESXiサーバの値のほとんどはデフォルトで設定されますが、値を検証しておくことを推奨します。デフォルト値は、内部テストに基づいています。環境によっては、パフォーマンスを改善するために値を変更する必要がある場合もあります。
ゲスト オペレーティング システムのタイムアウト値 ゲスト オペレーティング システム(ゲストOS)のタイムアウト スクリプトは、フェイルオーバーが適切に動作するように、サポートされているLinux、Solaris、Windowsの各ゲストOSのSCSI I/Oタイムアウト値を設定します。

次の表に、VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスを設定する際に必要な事項について、その概要を記載します。

考慮事項 説明
ロールベース アクセス制御(RBAC)の要件 VSCは、vCenter Server RBACとONTAP RBACの両方をサポートしています。

VSCをvCenter Serverに登録( https://<appliance_ip>:8143/Register.htmlを使用)する際に使用するアカウントは、vCenter Server管理者(vCenter Server管理者または管理者ロールに割り当てられている)である必要があります。管理者としてVSCを実行する場合は、すべてのタスクに必要なすべてのアクセス許可と権限が割り当てられている必要があります。

vSphereオブジェクトへのアクセスを制限する必要がある場合、vCenter Serverの要件に一致する標準のVSCロールを作成してユーザに割り当てます。

ONTAP System ManagerとVSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスに付属のJSONファイルを使用して、推奨されるONTAPロールを作成できます。

適切な権限とアクセス許可を持たないユーザがタスクを実行しようとした場合、そのタスクのオプションはグレー表示されます。

ONTAPのバージョン ストレージ システムでONTAP 9.1、9.3、9.5、9.6、または9.7が実行されている必要があります。
ストレージ機能プロファイル ストレージ機能プロファイルを使用する場合やアラームを設定する場合は、VASA Provider for ONTAPを有効にする必要があります。VASA Providerを有効にすると、VMware仮想ボリューム(vVol)データストアを設定できるようになり、ストレージ機能プロファイルとアラームも作成して管理できるようになります。

アラームは、ボリュームやアグリゲートの容量が残り少なくなったときや、データストアが関連付けられているストレージ機能プロファイルに準拠しなくなったときに生成されます。