リモートdiagアクセスにSSHを使用するためのVSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスの設定

diagユーザのSSHアクセスを有効にするようにVirtual Storage Console(VSC)、VASA Provider、Storage Replication Adapter(SRA)仮想アプライアンスを設定することができます。

開始する前に

vCenter ServerインスタンスのVASA Provider拡張機能を有効にする必要があります。

タスク概要

SSHを使用してdiagユーザにアクセスする際は次の制限があります。

手順

  1. vCenter Serverで、VASA Providerへのコンソールを開きます。
  2. maintユーザとしてログインします。
  3. 4 」と入力して[Support and Diagnostics]を選択します。
  4. 3」と入力して[Enable remote diagnostics access]を選択します。
  5. [Confirmation]ダイアログ ボックスで「y」と入力して、リモート診断アクセスを有効にします。
  6. リモート診断アクセス用のパスワードを入力します。