IPv4またはIPv6の設定

プリファレンス ファイルkaminoprefs.xmlに新しいオプションが追加されました。このオプションを使用して、VSCに追加されるすべてのストレージ システムに対してIPv4またはIPv6のサポートを有効にすることができます。

説明
NONE
  • プロビジョニングの際、クラスタ管理LIFまたはSVM管理LIFと同じIPv6またはIPv4アドレス タイプのデータLIFを使用してストレージが追加されます。
  • 同じIPv6またはIPv4アドレス タイプのデータLIFがSVMに存在しない場合は、他のタイプのデータLIF(利用可能な場合)を使用してプロビジョニングが実行されます。
IPv4
  • 選択したSVM内のIPv4データLIFを使用してプロビジョニングが実行されます。
  • SVMにIPv4データLIFがない場合は、IPv6データLIF(そのSVM内にある場合)を使用してプロビジョニングが実行されます。
IPv6
  • 選択したSVM内のIPv6データLIFを使用してプロビジョニングが実行されます。
  • SVMにIPv6データLIFがない場合は、IPv4データLIF(そのSVM内にある場合)を使用してプロビジョニングが実行されます。