VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスに組み込みの標準ロール

Virtual Storage Console(VSC)には、vCenter Serverの権限とRBACを簡単に使用できるように、主要なVSCタスクを実行できる標準のVSCロールが用意されています。また、タスクの実行を制限し、VSC情報の表示のみを許可する読み取り専用ロールもあります。

標準のVSCロールには、ユーザがVSCタスクを実行するために必要なVSC固有の権限とvCenter Server標準の権限の両方が含まれています。また、サポートされるどのバージョンのvCenter Serverでも必要な権限が含まれるように設定されています。

管理者は、必要に応じてこれらのロールを適切なユーザに割り当てることができます。

注: VSCを最新バージョンにアップグレードした場合は、新しいバージョンのVSCで使用できるように自動的にアップグレードされます。

標準のVSCロールを表示するには、vSphere Client[ホーム]ページの[ロール]をクリックします。

VSCの組み込みのロールで実行できるタスクを次に示します。

ロール 説明
VSC Administrator すべてのVSCタスクを実行するために必要なvCenter Server標準の権限とVSC固有の権限がすべて含まれています。
VSC Read-Only VSCに対する読み取り専用アクセスが許可されます。

アクセスが制御されたVSCの処理は実行できません。

VSC Provision ストレージのプロビジョニングに必要なvCenter Server標準の権限とVSC固有の権限がすべて含まれています。

次のタスクを実行できます。

  • 新しいデータストアの作成
  • データストアの破棄
  • ストレージ機能プロファイルに関する情報の表示