VSC、VASA Provider、SRAの既存ユーザ向けの導入ワークフロー

Virtual Storage Console(VSC)、VASA Provider、Storage Replication Adapter(SRA)仮想アプライアンス9.xから最新バージョンへのインプレース アップグレードがサポートされています。

各アプリケーション(VSC、VASA Provider、SRA)の以前のリリースでは、異なるアップグレード プロセスが使用されます。VSC、VASA Provider、またはSRAがインストールされている環境では、次の処理を実行する必要があります。
  1. VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスの最新リリースを導入します。
  2. 既存の設定データを移行します。

    設定データには、ストレージ システムのクレデンシャルとkaminoprefs.xmlファイルおよびvscPreferences.xmlファイル内のプリファレンスが含まれます。

VSCプリファレンス ファイルの設定

多くの場合、設定データを移行する必要はありません。ただし、過去にプリファレンス ファイルをカスタマイズした場合は、それらのファイルを確認し、新しく導入した仮想アプライアンスに対しても同様の変更を実施します。次のいずれかを実行できます。

VASA Provider 6.Xからアップグレードする場合は、アップグレード前にVASA Providerの登録を解除する必要があります。詳細については、使用中のリリースのドキュメントを参照してください。

SRA 4.0以前からのアップグレードも実施する場合は、次の手順を実行します。

SRAをアップグレードする場合は、SRAソフトウェア(.msiファイルによってインストールされた、Site Recovery Managerサーバ上のアダプタ)をSite Recovery Managerサーバから削除する必要があります。このソフトウェアはWindowsシステムのコントロール パネルを使用してアンインストールでき、その後.msiファイルを使用して最新のSRAソフトウェアをSRAサーバにインストールできます。

VASA Providerを導入している場合は、既存の環境からのアップグレード後に、[設定の編集]オプションを使用して仮想アプライアンスのメモリ サイズを12GBに設定する必要があります。仮想メモリの予約サイズも変更する必要があります。メモリ サイズを変更する場合には、仮想マシンの電源をオフにしてください。

VSC、VASA Provider、SRA 仮想アプライアンス 7.2 または 7.2.1 を使用している環境では、仮想アプライアンス 9.7.1 に直接アップグレードできません。まず、既存の設定 VSC、VASA Provider、SRA を仮想アプライアンス 9.7 にアップグレードしてから、 9.7.1 リリースにアップグレードする必要があります。

最新リリースの仮想アプライアンスを導入する場合は、VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスの導入要件を参照してください。インプレース アップグレードの実行方法については、VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンス9.6へのアップグレードを参照してください。