Solarisゲスト オペレーティング システムのタイムアウト値の設定

Solaris 10のSCSI I/Oタイムアウト設定は、ゲスト オペレーティング システム(OS)のタイムアウト スクリプトで設定されます。タイムアウト値として60秒または190秒のどちらかを指定できます。

開始する前に

Solarisスクリプトを含むISOイメージをマウントしておく必要があります。

手順

  1. Solaris仮想マシンのコンソールにアクセスし、root権限を持つアカウントでログインします。
  2. solaris_gos_timeout-install.shスクリプトを実行します。

    Solaris 10の場合、次のようなメッセージが表示されます。

    Setting I/O Timeout for /dev/s–a - SUCCESS!
  3. ISOイメージをアンマウントします。