異なるサブネット間でのデータストアのマウントの有効化

iSCSIまたはNFSを使用していて、ESXiホストとストレージ システムとでサブネットが異なる場合は、Virtual Storage Console for VMware vSphereのプリファレンス ファイルを変更する必要があります。プリファレンス ファイルを変更しないと、Virtual Storage Console(VSC)でデータストアをマウントできないためにデータストアのプロビジョニングが失敗します。

タスク概要

データストアのプロビジョニングに失敗した場合、以下のエラー メッセージが記録されます。

Unable to continue. No ip addresses found when cross-referencing kernel ip addresses and addresses on the controller.

Unable to find a matching network to NFS mount volume to these hosts.

手順

  1. vCenter Serverインスタンスにログインします。
  2. 統合アプライアンス仮想マシンを使用してメンテナンス コンソールを起動します。
  3. 4」と入力して、[Support and Diagnostics]オプションにアクセスします。
  4. 2」と入力して、[Access Diagnostic Shell]オプションにアクセスします。
  5. vi /opt/netapp/vscserver/etc/kamino/kaminoprefs.xml」と入力してkaminoprefs.xmlファイルを更新します。
  6. kaminoprefs.xmlファイルを更新します。
    インターフェイス 操作
    iSCSI エントリ キーdefault.allow.iscsi.mount.networksの値を「ALL」からESXiホストのネットワークの値に変更します。
    NFS エントリ キーdefault.allow.nfs.mount.networksの値を「ALL」からESXiホストのネットワークの値に変更します。
    プリファレンス ファイルには、これらのエントリ キー用のサンプル値が含まれています。
    注: ALLはすべてのネットワークという意味ではありません。ALLはホストとストレージ システムの間にある一致するすべてのネットワークを、データストアのマウントに使用できることを意味します。ホスト ネットワークを指定した場合、マウントを有効にできるのは指定したサブネット間のみになります。
  7. kaminoprefs.xmlファイルを保存して、閉じます。