VSCへのストレージ システムの追加

ストレージ システムは、手動でVirtual Storage Console(VSC)に追加できます。

タスク概要

Virtual Storage Console(VSC)を開始するか、[すべて再検出]オプションを選択すると、使用可能なストレージ システムがVSCで自動的に検出されます。

手順

  1. VSCの[ホーム]ページを使用して、VSCにストレージ システムを追加します。
    • [ストレージ システム] > [追加]をクリックします。
    • [概要] > [開始]をクリックし、[ストレージ システムの追加]にある[追加]ボタンをクリックします。
  2. [ストレージ システムの追加]ダイアログ ボックスで、ストレージ システムの管理IPアドレスとクレデンシャルを入力します。
    クラスタまたはSVMのIPv6アドレスを使用してストレージ システムを追加することもできます。このダイアログ ボックスでは、TLSのデフォルト値とポート番号を変更することもできます。

    VSCの[ストレージ システム]ページからストレージを追加する場合は、ストレージを配置するvCenter Serverインスタンスも指定する必要があります。[ストレージ システムの追加]ダイアログ ボックスには、使用可能なvCenter Serverインスタンスがドロップダウン リストに表示されます。vCenter Serverインスタンスにすでに関連付けられているデータセンターにストレージを追加する場合、このオプションは表示されません。

  3. 必要な情報をすべて追加したら、[OK]をクリックします。