保護対象サイトとリカバリ サイトのペアリング

Storage Replication Adapter(SRA)でストレージ システムを検出できるようにするには、作成された保護対象サイトとリカバリ サイトをvSphere Clientを使用してペアリングする必要があります。

開始する前に

タスク概要

SnapMirrorのファンアウト構成は、ソース ボリュームが2つの異なるデスティネーションにレプリケートされる構成です。これらの構成では、SRMがデスティネーションから仮想マシンをリカバリする必要がある場合、リカバリ中に問題が発生します。
注: Storage Replication Adapter(SRA)では、ファンアウトSnapMirror構成がサポートされません。

手順

  1. vSphere Clientのホーム ページで[Site Recovery]をダブルクリックし、[サイト]をクリックします。
  2. [オブジェクト] > [アクション] > [Pair Sites]をクリックします。
  3. [Pair Site Recovery Manager Servers]ダイアログ ボックスで、保護対象サイトのPlatform Services Controllerのアドレスを入力し、[次へ]をクリックします。
  4. [vCenter Server の選択]セクションで、次の手順を実行します。
    1. 保護対象サイトのvCenter Serverが対応するペア候補として表示されていることを確認します。
    2. SSOの管理クレデンシャルを入力し、[完了]をクリックします。
  5. プロンプトが表示されたら、[はい]をクリックしてセキュリティ証明書を受け入れます。

タスクの結果

保護対象サイトとリカバリ サイトの両方が[オブジェクト]ダイアログ ボックスに表示されます。