リソース マッピングの設定

保護対象サイトとリカバリ サイトのリソースをマッピングして、各VMがどちらか一方のホスト グループにフェイルオーバーするように設定する必要があります。

開始する前に

保護対象サイトとリカバリ サイトが接続されている必要があります。

タスク概要

注: Site Recovery Manager(SRM)のリソースには、リソース プール、ESXiホスト、vSphereクラスタがあります。

手順

  1. vCenter Serverにログインし、[Site Recovery] > [サイト]をクリックします。
  2. 保護対象サイトを選択し、[管理]をクリックします。
  3. [管理]タブで、[Resource Mappings]を選択します。
  4. アイコンをクリックして、新しいリソース マッピングを作成します。
    Create Resource Mappingウィザードが表示されます。
  5. Create Resource Mappingウィザードで、次の手順を実行します。
    1. [Automatically Prepare Mappings for Resource with Matching Names]を選択し、[次へ]をクリックします。
    2. 保護対象サイトとリカバリ サイトのデータセンター オブジェクトを選択し、[Add Mappings]をクリックします。
    3. マッピングの作成が完了したら、[次へ]をクリックします。
    4. 同じオブジェクトを選択して逆方向のマッピングを作成し、[完了]をクリックします。

タスクの結果

[Resource Mappings]ページに、保護対象サイトのリソースとリカバリ サイトのリソースが表示されます。環境内の他のネットワークについても同じ手順を実行します。