Site Recovery Manager を使用して、ディザスタリカバリの設定を管理します

Site Recovery Manager ( SRM vCenter Server )と VMware の Site Recovery Manager ( SRM )を使用して、でディザスタリカバリの設定を作成および管理できます。

このリリースの VASA Provider には、 Storage Replaction Adapter ( SRA )の機能が組み込まれています。データセンターで VVOL データストアを設定している場合は、 VVOL データストアのリカバリ用に、ディザスタリカバリ用に SRA を別途インストールする必要はありません。Site Recovery Manager(SRM)で、保護対象サイトとリカバリ サイトをペアリングする必要があります。サイトをペアリングしたら、 SRM の次の設定作業としてアレイペアを設定します。アレイペアにより、 SRM がストレージシステムと通信してデバイスとデバイスのレプリケーションを検出できるようになります。アレイ ペアを設定する前に、まずSRMでサイト ペアを作成する必要があります。