VVol データストアのレプリケーションを設定する

の仮想アプライアンスを使用して、 VVOL のレプリケーションを設定できます。 データストアVSC、VASA Provider、SRAVVOL レプリケーションの主 仮想マシン な目的は、 VMware Site Recovery Manager ( SRM )を使用してディザスタリカバリ時に重要なデータを保護することです。

ただし、仮想アプライアンスに vVol のレプリケーションを設定 VSC、VASA Provider、SRAするには、 VASA Provider 機能と vVol のレプリケーションを有効にする必要があります。仮想アプライアンスでは、 VASA Provider VSC、VASA Provider、SRAはデフォルトで有効になっています。アレイベースのレプリケーションは FlexVol レベルで実行されます。各 vVol データストア は、 1 つ以上の FlexVol で構成されるストレージコンテナにマッピングされます。FlexVol には、 ONTAP から SnapMirror を事前に設定しておく必要があります。
警告: 保護 仮想マシンデータストアされている VVol と保護されていない VVol を 1 つに混在させないでください。フェイルオーバー後 仮想マシン の再保護処理では、保護が解除されます。仮想マシンデータストア レプリケーションを使用するときは、 VVol 内のすべてのが保護されていることを確認してください。

レプリケーショングループ データストア は、各 FlexVol の vVol の作成ワークフロー中に作成されます。VVOL レプリケーションを使用するには、ストレージ機能プロファイルに加え、レプリケーションのステータスとスケジュールを含む仮想マシンストレージポリシーを作成する必要があります。レプリケーショングループには 仮想マシン 、ディザスタリカバリの一環としてターゲットサイトにレプリケートされるが含まれます。レプリケーショングループは、 DR ワークフロー用の SRM コンソールを使用して、保護グループとリカバリプランを使用して設定できます。

注: VVOL にディザスタリカバリを使用 データストアする場合は、 VASA Provider の機能が拡張されて VVOL のレプリケーションが可能になったため、 Storage Replication Adapter ( SRA )を別途設定する必要はありません。