マッピングされたストレージ機能プロファイルにデータストアが準拠しているかどうかの確認

データストアにマッピングされたストレージ機能プロファイルにデータストアが準拠しているかどうかを簡単に確認することができます。

開始する前に

手順

  1. VSCの[ホーム]ページで、[ストレージ マッピング]をクリックします。
  2. [準拠状況]列の情報を確認して、準拠していないデータストアを特定し、違反理由に関するアラートを確認します。
    注: [準拠チェック]ボタンをクリックすると、すべてのストレージを対象とした再検出処理が実行されます。この処理には数分かかる場合があります。

    データストアがプロファイルに準拠しない状態になると、[準拠状況]列に違反理由を示すアラートが表示されます。たとえば、プロファイルで圧縮が必須になっているのに、 ストレージで圧縮を使用しないように設定が変更された場合、データストアは準拠しない状態になります。

終了後の操作

プロファイルに準拠していないデータストアが見つかった場合は、データストアの作成元のボリュームで準拠するように設定を修正するか、データストアに新しいプロファイルを割り当てます。

設定の変更は、[ストレージ機能プロファイル]ページで実行できます。