古いストレージ機能プロファイルを使用した仮想マシンの移行

Virtual Storage Console(VSC)、VASA Provider、Storage Replication Adapter(SRA)仮想アプライアンスの最新バージョンを使用している場合は、MaxThroughput MBPSまたはMaxThroughput IOPSのQoS指標でプロビジョニングされた仮想マシンを、VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスの最新バージョンのMax IOPS QoS指標でプロビジョニングされた新しいvVolデータストアに移行する必要があります。

タスク概要

VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスの最新バージョンでは、仮想マシンまたは仮想マシン ディスク(VMDK)ごとにQoS指標を設定できます。これまでQoS指標はONTAP FlexVolレベルで適用され、そのFlexVolでプロビジョニングされたすべての仮想マシンまたはVMDKで共有されていました。

VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンス7.2以降では、ある仮想マシンのQoS指標は他の仮想マシンと共有されません。

注: 既存のVMストレージ ポリシーを変更すると仮想マシンが準拠しなくなる可能性があるため、変更しないでください。

手順

  1. Max IOPS(必須)を指定した新しいストレージ機能プロファイルを使用して、vVolデータストアを作成します。
  2. VMストレージ ポリシーを作成し、そのポリシーを新しいストレージ機能プロファイルにマッピングします。
  3. 新しいVMストレージ ポリシーを使用して、既存の仮想マシンを新しく作成したvVolデータストアに移行します。