ストレージポリシーをマッピングしています

リカバリ計画でリカバリされた仮想マシンをマッピングに基づいて適切なデータストアに配置するには、保護対象サイトのストレージポリシーをリカバリサイトのストレージポリシーにマッピングする必要があります。リカバリサイトで仮想マシンのリカバリが完了すると、マッピングされた VM ストレージポリシーが仮想マシンに割り当てられます。

手順

  1. vSphere Client で 、 Site Recovery > (サイトリカバリ) Open Site Recovery(オープンサイトリカバリ)をクリックします。
  2. [ サイトペア > ] タブで、 [ ストレージポリシーマッピングの設定 ] をクリックします。
  3. 必要なサイト を選択し、 [ 新規作成 ] をクリックして新しいマッピングを作成します。
  4. Automatically prepare mappings for storage policies with matching names オプションを選択し、 Next をクリックします。
    SRM は、同じ名前のストレージポリシーがリカバリサイトに存在する保護対象サイト上のストレージポリシーを選択します。ただし、手動マッピングオプションを選択した場合は、複数のストレージポリシーを選択できます。
  5. [ マッピングの追加] をクリックし、 [ 次へ ] をクリックします。
  6. [ マッピングを反転( Reverse mapping ) ] セクションで、マッピングに必要なチェックボックスを選択し、 [ 次へ( Next ) ] をクリックします。
  7. [ 完了準備完了 ] セクションで、選択内容を確認し、 [ 完了 ] をクリックします。