IPv4を使用してストレージ システムを追加するとストレージ システム グリッドにIPv6と表示されて認証エラーが発生する

問題

IPv4アドレスを使用して追加したストレージ システムに対して、ストレージ システム グリッドにIPv6アドレスと認証エラーが表示されます。

原因

IPv4 LIFとIPv6 LIFを備えたデュアル スタック ストレージ システムをIPv4 LIFを使用して追加した場合、VSCの定期的な検出プロセスがIPv6 LIFも検出します。IPv6 LIFは明示的に追加されていないため、このIPv6の検出は認証エラーで失敗します。このエラーは、ストレージ システムに対して実行される処理には影響しません。

対処方法

次の手順を実行する必要があります。

  1. VSCの[ホーム]ページで、[ストレージ システム]をクリックします。
  2. IPv6アドレスでステータスが不明なストレージ システムをクリックします。
  3. 設定されているデフォルト クレデンシャルを使用して、IPアドレスをIPv4に変更します。
  4. [一覧に戻る]をクリックし、[すべて再検出]をクリックします。

    ストレージ システムのリストから古いIPv6エントリが削除され、ストレージ システムが認証エラーなしで検出されます。