ストレージ システムのデフォルト クレデンシャルの設定

Virtual Storage Console for VMware vSphereを使用して、vCenter Serverでストレージ システムのデフォルト クレデンシャルを設定できます。

開始する前に

デフォルト クレデンシャルの作成に使用するvCenter Serverを選択しておく必要があります。

タスク概要

ストレージ システムのデフォルト クレデンシャルを設定すると、Virtual Storage Console(VSC)ではそれらのクレデンシャルを使用して、VSCが検出したストレージ システムにログインします。デフォルト クレデンシャルでログインできない場合は、ストレージ システムに手動でログインする必要があります。VSCとSRAは、クラスタ レベルまたはSVMレベルでストレージ システムのクレデンシャルの追加をサポートします。ただし、VASA Providerはクラスタ レベルのクレデンシャルとのみ連携します。

手順

  1. VSCの[ホーム]ページで、[設定] > [管理設定] > [ストレージ システムのデフォルト クレデンシャルの設定]をクリックします。
  2. [ストレージ システムのデフォルト クレデンシャル]ダイアログ ボックスで、ストレージ システムのユーザ名とパスワードを入力します。
    ストレージ コントローラのクレデンシャルは、ユーザ名とパスワードのペアに基づいてONTAPで割り当てられます。ストレージ コントローラのクレデンシャルは、管理者アカウントまたはロールベース アクセス制御(RBAC)を使用するカスタム アカウントのどちらかです。

    ストレージ コントローラのユーザ名とパスワードのペアに関連付けられているロールをVSCで変更することはできません。VSC、VASA Provider、SRA仮想アプライアンスで使用する新しいONTAPユーザ ロールを変更または作成するには、System Managerを使用します。

    Virtual Storage Console、VASA Provider、Storage Replication Adapter for VMware vSphere導入およびセットアップ ガイド(9.7リリース)ユーザ ロールと権限の設定のセクションを参照してください。

  3. [OK]をクリックして、デフォルト クレデンシャルを保存します。

終了後の操作

ストレージ システムのステータスが認証エラーになったためにストレージ システムのクレデンシャルを更新した場合は、[ストレージ システム]ページの[すべて再検出]オプションをクリックする必要があります。これにより、新しいクレデンシャルを使用してストレージ システムへの接続が試行されます。