保護されていない仮想マシンを保護する

レプリケーションを無効にした VM ストレージポリシーを使用して作成された、保護されていない既存の仮想マシンに対して保護を設定できます。保護を提供するには、 VM ストレージポリシーを変更し、レプリケーショングループを割り当てる必要があります。

タスク概要

SVM に IPv4 と IPv6 の両方の LIF がある場合は、 IPv6 LIF を無効にしてからディザスタリカバリのワークフローを実行する必要があります。

手順

  1. 必要 仮想マシン なをクリックして、デフォルトの VM ストレージポリシーが設定されていることを確認します。
  2. 選択し 仮想マシン > たを右クリックし、仮想マシンポリシー仮想マシンストレージポリシーの編集をクリックします。
  3. レプリケーションが有効 になっている VM ストレージポリシーを VM ストレージポリシーのドロップダウンから選択します。
  4. Replication group (レプリケーショングループ)ドロップダウンからレプリケーショングループ を選択し、 OK をクリックします。
    の概要を確認し仮想マシン て、仮想マシンが保護されていることを確認します。
    注: このリリース VSC、VASA Provider、SRA仮想マシンの仮想アプライアンスでは、保護されたのホットクローンはサポートされていません。の電源をオフ 仮想マシン にしてから、クローニング処理を実行する必要があります。