仮想データストアを設定するためのVASA Providerの有効化

ONTAP tools for VMware vSphereでは、VASA Provider機能がデフォルトで有効になっています。VMware仮想ボリューム(vVol)データストアは、各vVolデータストアに必要なストレージ機能プロファイルを使用して設定できます。

開始する前に

タスク概要

ONTAP tools 9.7.1にアップグレードする前にVASA Provider機能が無効になっていた場合は、アップグレード後もVASA Provider機能は無効なままになります。このリリースでは、vVolデータストアに対してvVolレプリケーション機能を有効にすることができます。

手順

  1. VMware vSphereのWebユーザ インターフェイスにログインします。
  2. vSphere Clientで、[メニュー] > [ONTAP tools Console]をクリックします。
  3. [設定]をクリックします。
  4. [管理設定]タブで[機能の管理]をクリックします。
  5. [機能の管理]ダイアログ ボックスで、有効にするVASA Provider拡張機能を選択します。
  6. vVolデータストアのレプリケーション機能を使用する場合は、[vVol レプリケーションを有効にする]トグル ボタンをオンにします。
  7. ONTAP toolsのIPアドレスと管理者パスワードを入力し、[適用]をクリックします。
    注: VASA Provider拡張機能を有効にしたあともVASA Providerのステータスがオフラインと表示される場合は、VASA Providerとの接続にエラーがないかどうかを/var/log/vmware/vmware-sps/sps.logファイルで確認するか、vmware-spsサービスを再起動してください。

終了後の操作

ONTAP 9.6以前のクラスタを使用している場合、SAN vVol VMおよびSAN vVolデータストアのレポートで使用するvVolデータストアおよび仮想マシンの詳細を取得するためにOnCommand API ServicesをVASA Providerに登録する必要があります。ただし、ONTAP 9.7以降を使用している場合は、OnCommand API ServicesをVASA Providerに登録する必要はありません。