vVolデータストアへのストレージの追加

ストレージの追加ウィザードを使用して既存のVMWare仮想ボリューム(vVol)データストアにFlexVolを追加することで、利用可能なストレージ容量を増やすことができます。

タスク概要

FlexVolを追加する際、そのFlexVolに関連付けられるストレージ機能プロファイルを変更することもできます。VASA Providerの自動生成機能を使用してボリュームの新しいプロファイルを作成する方法と、既存のいずれかのプロファイルをボリュームに割り当てる方法があります。
注:
  • レプリケーション機能が有効なvVolデータストアを拡張する場合、新しいFlexVolを作成することはできず、既存のリストから設定済みのFlexVolを選択する必要があります。
  • データストアに導入された保護対象の仮想マシンのvVolレプリケーションによるクローニングがスペース不足で失敗する場合は、FlexVolのサイズを増やす必要があります。
  • vVolデータストアがAFFクラスタに作成されている場合、自動生成のストレージ機能プロファイルが設定された別のFlexVolを使用してそのデータストアを拡張することはできません。

    このようなvVolデータストアを拡張するには、事前に作成されたストレージ機能プロファイルが設定されたFlexVolを使用します。

手順

  1. vSphere Client[ホーム]ページで、[ホストおよびクラスタ]をクリックします。
  2. vVolデータストアを右クリックし、[NetApp ONTAP tools] > [vVol データストアのストレージの拡張]を選択します。
  3. [vVol データストアのストレージの拡張]ページで、vVolデータストアに既存のFlexVolを追加するか、新しいFlexVolを作成してデータベースに追加することができます。
    選択内容 操作
    ボリュームの選択
    1. vVolデータストアに追加するFlexVolを選択します。
    2. [ストレージ機能プロファイル]列のドロップダウン リストを使用して、FlexVolに基づいて新しいプロファイルを作成するか、既存のいずれかのプロファイルを選択します。

      自動生成機能により、そのFlexVolに関連付けられたストレージ機能に基づいてプロファイルが作成されます。たとえば、ディスク タイプ、高可用性、ディザスタ リカバリ、パフォーマンス機能、重複排除などです。

    新しいボリュームの作成
    1. FlexVolの名前、サイズ、ストレージ機能プロファイルを入力します。

      選択したストレージ機能プロファイルに基づいて、アグリゲートが選択されます。

    2. [自動拡張]オプションを選択して、最大サイズを指定します。
    3. [追加]をクリックして、FlexVolをボリュームのリストに追加します。

    注意:vVolデータストアに追加するFlexVolは、すべて同じStorage Virtual Machine(SVM、旧Vserver)のものでなければなりません。

    FlexVolの作成後、[変更]ボタンをクリックして編集することができます。削除することも可能です。

  4. 仮想マシンの作成時に使用するデフォルトのストレージ機能プロファイルを選択し、[次へ]をクリックして、vVolデータストアに追加するストレージの概要を確認します。
  5. [完了]をクリックします。
    指定したストレージがvVolデータストアに追加されます。処理が完了すると、成功メッセージが表示されます。
    注: ESXiストレージの再スキャンなどの必要な処理は、vVol データストアのストレージの拡張ウィザードで自動的に実行されます。vVolデータストアは論理エンティティであり、VASA Providerで制御されるため、FlexVolを追加するだけでストレージ コンテナの容量を拡張することができます。