vVolデータストアのレプリケーションの設定

ONTAP toolsを使用して、vVolデータストアのレプリケーションを設定できます。vVolレプリケーションの主な目的は、VMware Site Recovery Manager(SRM)を使用してディザスタ リカバリ時に重要な仮想マシンを保護することです。

ただし、ONTAP toolsにvVolレプリケーションを設定するには、VASA Provider機能とvVolレプリケーションを有効にする必要があります。VASA ProviderはONTAP toolsでデフォルトで有効になっています。アレイベースのレプリケーションがFlexVolレベルで実行されます。各vVolデータストアは、1つ以上のFlexVolで構成されるストレージ コンテナにマッピングされます。FlexVolには、ONTAPからSnapMirrorを事前に設定しておく必要があります。
警告: 保護対象と保護対象外の仮想マシンを1つのvVolデータストアに混在させないでください。フェイルオーバー後の再保護処理により、保護対象外の仮想マシンは削除されます。レプリケーションを使用するときは、vVolデータストアに含まれるすべての仮想マシンが保護されていることを確認してください。

レプリケーション グループはvVolデータストアの作成時FlexVolごとに作成されます。vVolレプリケーションを使用するには、ストレージ機能プロファイルに加え、レプリケーションのステータスとスケジュールを含むVMストレージ ポリシーを作成する必要があります。レプリケーション グループには、ディザスタ リカバリ時にターゲット サイトにレプリケートされる仮想マシンが含まれます。DRワークフロー用に、SRMコンソールを使用して、保護グループとリカバリ計画を設定したレプリケーション グループを設定できます。

注: VASA Provider機能が拡張されてvVolレプリケーションが追加されため、vVolデータストアにディザスタ リカバリを使用している場合、Storage Replication Adapter(SRA)を別途設定する必要はありません。