仮想マシンの移行またはクローニングに関する考慮事項

データセンター内の既存の仮想マシンを移行する場合は、いくつかの考慮事項に注意する必要があります。

保護対象仮想マシンの移行

保護対象の仮想マシンは次の場所に移行できます。
  • 別のESXiホストにある同じvVolデータストア
  • 同じESXiホストにある互換性がある別のvVolデータストア
  • 別のESXiホストにある互換性がある別のvVolデータストア
仮想マシンを別のFlexVolに移行すると、対応するメタデータ ファイルも仮想マシンの情報で更新されます。仮想マシンを別のESXiホストの同じストレージに移行した場合、基盤となるFlexVolのメタデータは変更されません。

保護対象の仮想マシンのクローニング

保護対象の仮想マシンは次の場所にクローニングできます。
  • 同じFlexVolの同じコンテナ(レプリケーション グループを使用)

    同じFlexVolのメタデータ ファイルが、クローニングされた仮想マシンの詳細で更新されます。

  • 別のFlexVolの同じコンテナ(レプリケーション グループを使用)

    仮想マシンのクローニング先FlexVolのメタデータ ファイルが、クローニングされた仮想マシンの詳細で更新されます。

  • 別のコンテナまたはvVolデータストア

    仮想マシンのクローニング先FlexVolのメタデータ ファイルが、仮想マシンの詳細で更新されます。

VMwareでは、VMテンプレートへの仮想マシンのクローニングは現在サポートされていません。

保護対象の仮想マシンの「クローンのクローン」はサポートされています。

仮想マシンのSnapshot

現時点では、メモリなしの仮想マシンSnapshotのみがサポートされています。仮想マシンにメモリありのSnapshotがある場合、その仮想マシンは保護対象とみなされません。

また、メモリありのSnapshotを含む保護されていない仮想マシンも保護できません。このリリースでは、仮想マシンの保護を有効にする前に、メモリSnapshotを削除する必要があります。