ストレージ ポリシーのマッピング

リカバリされた仮想マシンをマッピングに基づいて適切なデータストアに配置するには、保護対象サイトのストレージ ポリシーをリカバリ サイトのストレージ ポリシーにマッピングする必要があります。リカバリ サイトで仮想マシンがリカバリされたあと、マッピングされたVMストレージ ポリシーが仮想マシンに割り当てられます。

手順

  1. vSphere Clientで、[Site Recovery] > [Open Site Recovery]をクリックします。
  2. [Site Pair]タブで、[Configure] > [Storage Policy Mappings]をクリックします。
  3. 目的のサイトを選択し、[New]をクリックして新しいマッピングを作成します。
  4. [Automatically prepare mappings for storage policies with matching names]オプションを選択し、[NEXT]をクリックします。
    リカバリ サイトに存在するストレージ ポリシーと同じ名前のストレージ ポリシーが保護対象サイトで選択されます。複数のストレージ ポリシーを手動で選択することもできます。
  5. [Add mappings]をクリックし、[NEXT]をクリックします。
  6. [Reverse mapping]セクションで、マッピングに必要なチェック ボックスを選択し、[NEXT]をクリックします。
  7. [Ready to complete]セクションで、選択内容を確認して[FINISH]をクリックします。