データストアのサイズ変更

データストアのサイズを変更することで、仮想マシン ファイル用のストレージを拡張または縮小できます。データストアのサイズ変更は、インフラ要件の変更に合わせて必要になる場合があります。

開始する前に

VMFSデータストアのサイズ変更時にデータストアに含まれるボリュームのサイズも変更されるようにするには、VMFSデータストアの初期プロビジョニング時に[ストレージ属性]セクションの[既存のボリュームを使用する]オプションは使用せず、各データストアに対して新しいボリュームが自動的に作成されるようにします。

タスク概要

NFSデータストアのサイズは拡張または縮小できまが、VMFSデータストアについてはサイズの拡張のみが可能です。データストアのサイズ変更は、自動拡張 / 縮小オプションが設定されたFlexGroupデータストアでもサポートされます。従来のデータストアに属するFlexGroupとvVolデータストアに属するFlexVolは、既存のサイズより小さくすることはできませんが、最大120%まで拡張できます。これらのFlexGroupボリュームおよびFlexVolではデフォルトのSnapshotが有効になります。

手順

  1. vSphere Client[ホーム]ページで、[ホストおよびクラスタ]をクリックします。
  2. ナビゲーション ペインで、データストアを含むデータセンターを展開します。
  3. データストアを右クリックし、[NetApp ONTAP tools] > [Assign QoS]を選択します。
  4. [サイズ変更]ダイアログ ボックスで、データストアの新しいサイズを指定し、[OK]をクリックします。
    [ストレージ システム]メニューの[すべて再検出]オプションを実行すると、[ストレージ システム]およびダッシュボードのストレージのリストを手動で更新できます。または、スケジュールされている次回の更新まで待つこともできます。