従来のダッシュボードを使用したデータストアと仮想マシンの監視

従来のデータストア仮想マシンは、ONTAP toolsの従来のダッシュボードを使用して監視できます。ダッシュボードのデータを使用してデータストアの使用状況を分析し、仮想マシンでスペースに関連する制約が発生しないように対策を講じることができます。

開始する前に

[Storage I/O Controlの設定]ダイアログ ボックスで、[Storage I/O Controlと統計収集を有効にする]または[Storage I/O Controlは無効にして統計収集を有効にする]のいずれかのオプションを選択します。Storage I/O Controlは、VMwareのEnterprise Plusライセンスがある場合にのみ有効にできます。

タスク概要

従来のダッシュボードには、vCenter Serverから取得したIOPS、使用スペース、レイテンシ、およびコミット済み容量が表示されます。ONTAPは、アグリゲートのスペース削減の指標を従来のダッシュボードに提供します。特定のアグリゲートのスペース削減量を表示できます。これらのパフォーマンス パラメータを使用すると、仮想環境におけるパフォーマンスのボトルネックを特定し、問題を解決するための対処を行うことができます。

注: 直接接続のStorage Virtual Machine(SVM)上に設定されたFlexGroupデータストアについては、ファイル監視はサポートされていません。

ONTAP toolsの従来のダッシュボードを使用すると、NFSデータストアまたはVMFSデータストアを表示できます。データストアをクリックすると、vCenter Serverインスタンスのデータストアの詳細画面に移動して、vCenter Server内のデータストアに関する問題を確認および修正できます。

手順

  1. vSphere Clientの[ホーム]ページで、[ONTAP tools for VMware vSphere]をクリックします。
  2. [vCenterサーバ]ドロップダウン メニューを使用して、データストアを表示するvCenter Serverを選択します。
  3. [従来のダッシュボード]をクリックします。

    [データストア]ポートレットには以下の詳細が表示されます。

    • vCenter ServerインスタンスのVSCで管理されている従来のデータストアの数とパフォーマンス指標
    • リソースの使用状況とパフォーマンスのパラメータ(必要に応じて変更可能)に基づく上位5つのデータストア

    データストアのリストは、使用スペース、IOPS、レイテンシなどに基づいて、必要な順序で並べ替えることができます。

    [仮想マシン]ポートレットには以下の詳細が表示されます。

    • vCenter Server内のネットアップデータストアを使用している仮想マシンの数
    • コミット済み容量、レイテンシ、IOPS、スループット、およびアップタイムに基づく上位5つの仮想マシン

      [仮想マシン]ポートレットのIOPSとスループットのデータは、FlexGroupベースのボリューム上に作成されたデータストアについてのみ提供されます。