日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

パフォーマンス指標の表示

寄稿者

Active IQ Unified Manager では '/datacenter カテゴリの下に一連の API を用意しており ' データセンター内のクラスタおよびストレージオブジェクトのパフォーマンスデータを表示できますこれらの API は、クラスタ、ノード、 LUN 、ボリューム、アグリゲートなどのさまざまなストレージオブジェクトのパフォーマンスデータを取得します。 Storage VM 、 FC インターフェイス、 FC ポート、イーサネットポート、 IP インターフェイス

「 /metrics 」および「 /analytics 」の API は、パフォーマンスメトリックの異なるビューを提供します。これを使用すると、データセンター内の次のストレージオブジェクトのさまざまなレベルの詳細にドリルダウンできます。

  • クラスタ

  • ノード

  • Storage VMs

  • アグリゲート

  • 個のボリューム

  • LUN

  • FC インターフェイス

  • FC ポート

  • イーサネットポート

  • IP インターフェイス

次の表は ' 取得したパフォーマンス・データの詳細に関して '/metric' と '/analytics API の比較を示しています

指標 分析

1 つのオブジェクトのパフォーマンスの詳細。たとえば '/datacenter /cluster/clusters/\{ key }/metrics API では ' 特定のクラスタのメトリックを取得するためのパスパラメータとしてクラスタキーを入力する必要があります

データセンター内の同じタイプの複数のオブジェクトのパフォーマンスの詳細。たとえば '/datacenter /cluster/clusters/clusters/analytics API は ' データセンター内のすべてのクラスタの集合的なメトリックを取得します

読み出しの時間間隔パラメータに基づくストレージオブジェクトのパフォーマンス指標サンプル。

特定の期間( 72 時間を超える)における特定のタイプのストレージオブジェクトのパフォーマンスの概要レベルの集計値。

ノードやクラスタの詳細など、オブジェクトの基本的な詳細が読み出されます。

具体的な詳細は取得されません。

1 つのオブジェクトについて、読み取り、書き込み、合計、その他のカウンタなど、一定期間の平均パフォーマンス値の最小値、最大値、 95 パーセンタイル値などの累積カウンタが取得されます。たとえば '/datacenter /cluster/nodes/ \{ key }/metrics API は ' ノードの次の詳細 ( その他の詳細 ) を取得します

注記 サマリ値の 95 パーセンタイルは、期間について収集されたサンプルの 95% が、 95 パーセンタイルで指定された値よりも小さいカウンタ値を持っていることを示しています。
{
     "iops": {
       "local": {
         "other": 100.53,
         "read": 100.53,
         "total": 100.53,
         "write": 100.53
       },
       "other": 100.53,
       "read": 100.53,
       "total": 100.53,
       "write": 100.53
     },
     "latency": {
       "other": 100.53,
       "read": 100.53,
       "total": 100.53,
       "write": 100.53
     },
     "performance_capacity": {
       "available_iops_percent": 0,
       "free_percent": 0,
       "system_workload_percent": 0,
       "used_percent": 0,
       "user_workload_percent": 0
     },
     "throughput": {
       "other": 100.53,
       "read": 100.53,
       "total": 100.53,
       "write": 100.53
     },
     "timestamp": "2018-01-01T12:00:00-04:00",
     "utilization_percent": 0
   }
 ],
 "start_time": "2018-01-01T12:00:00-04:00",
 "summary": {
   "iops": {
     "local_iops": {
       "other": {
         "95th_percentile": 28,
         "avg": 28,
         "max": 28,
         "min": 5
       },
       "read": {
         "95th_percentile": 28,
         "avg": 28,
         "max": 28,
         "min": 5
       },
       "total": {
         "95th_percentile": 28,
         "avg": 28,
         "max": 28,
         "min": 5
       },
       "write": {
         "95th_percentile": 28,
         "avg": 28,
         "max": 28,
         "min": 5
       }
     },

同じタイプのすべてのオブジェクトについて、集約された単一の値が表示されます。たとえば '/datacenter /cluster/nodes /analytics API は ' すべてのノードについて次の値 ( その他の値 ) を取得します

{
     "iops": 1.7471,
     "latency": 60.0933,
     "throughput": 5548.4678,
     "utilization_percent": 4.8569,
     "period": 72,
     "performance_capacity": {
       "used_percent": 5.475,
       "available_iops_percent": 168350
     },
     "node": {
       "key": "37387241-8b57-11e9-8974-00a098e0219a:type=cluster_node,uuid=95f94e8d-8b4e-11e9-8974-00a098e0219a",
       "uuid": "95f94e8d-8b4e-11e9-8974-00a098e0219a",
       "name": "ocum-infinity-01",
       "_links": {
         "self": {
           "href": "/api/datacenter/cluster/nodes/37387241-8b57-11e9-8974-00a098e0219a:type=cluster_node,uuid=95f94e8d-8b4e-11e9-8974-00a098e0219a"
         }
       }
     },
     "cluster": {
       "key": "37387241-8b57-11e9-8974-00a098e0219a:type=cluster,uuid=37387241-8b57-11e9-8974-00a098e0219a",
       "uuid": "37387241-8b57-11e9-8974-00a098e0219a",
       "name": "ocum-infinity",
       "_links": {
         "self": {
           "href": "/api/datacenter/cluster/clusters/37387241-8b57-11e9-8974-00a098e0219a:type=cluster,uuid=37387241-8b57-11e9-8974-00a098e0219a"
         }
       }
     },
     "_links": {
       "self": {
         "href": "/api/datacenter/cluster/nodes/analytics"
       }
     }
   },

時間範囲とサンプルデータは、次のスケジュールに基づいています。データの時間範囲。例として、 1h 、 12h 、 1d 、 2d 、 3d があります。 15D 、 1w 、 1m 、 2m 、 3m 、 6M 。範囲が 3 日( 72 時間)を超える場合は 1 時間のサンプルを取得し、それ以外の場合は 5 分のサンプルを取得します。各期間は次のとおりです。

  • 1H :直近 1 時間の測定値が 5 分以上にわたってサンプリングされます。

  • 12 時間: 5 分以上にわたってサンプリングされた最新の 12 時間のメトリック。

  • 1D :直近の 1 日の測定値が 5 分以上にわたってサンプリングされます。

  • 2D :直近 2 日間の測定値が 5 分を超えてサンプリングされます。

  • 3D :直近 3 日間の測定値が 5 分を超えてサンプリングされます。

  • 15D : 1 時間にわたってサンプリングされた最新の 15 日間のメトリック。

  • 1W : 1 時間以上サンプリングされた最新の週のメトリック。

  • 1M :最近 1 時間でサンプリングされた月のメトリックス。

  • 2M :直近 2 カ月間の測定値が 1 時間以上にわたってサンプリングされます。

  • 3M :最近 3 カ月間の測定値が 1 時間以上サンプリングされています。

  • 6M :直近 6 カ月間の測定値が 1 時間以上にわたってサンプリングされます。

    使用可能な値は、 1h 、 12h 、 1d 、 2d 、 3d です。 15D 、 1w 、 1m 、 2m 、 3m 、 6M

    デフォルト値: 1h

72 時間以上。このサンプルを計算する期間は、 ISO-8601 標準形式で表されます。

次の表は '/metrics および '/analytics API の詳細を示しています

注記

これらの API から返される IOPS およびパフォーマンス・メトリックは '100.53' のように 2 倍の値ですこれらの浮動小数点値をパイプ( | )およびワイルドカード( * )文字でフィルタリングすることはできません。

HTTP 動詞 パス 説明

「 GET 」

「 /datacenter /cluster/clusters/\ { key } /metrics 」のように入力します

クラスタキーの入力パラメータで指定したクラスタのパフォーマンスデータ(サンプルと概要)を取得します。クラスタキーと UUID 、時間範囲、 IOPS 、スループット、サンプル数などの情報が返されます。

「 GET 」

「 /datacenter / cluster/cluster/clusters/analytics 」を参照してください

は、データセンター内のすべてのクラスタのパフォーマンス指標の概要を取得します。必要な条件に基づいて結果をフィルタできます。集計 IOPS 、スループット、収集期間(時間数)などの値が返されます。

「 GET 」

「 /datacenter /cluster/nodes 」 /{key}/metrics 」を参照してください

ノードキーの入力パラメータで指定したノードのパフォーマンスデータ(サンプルとサマリ)を取得します。ノード UUID 、時間範囲、 IOPS 、スループット、レイテンシ、パフォーマンスの概要、収集されたサンプル数、利用率などの情報が返されます。

「 GET 」

データセンター / クラスタ / ノード / 分析

は、データセンター内のすべてのノードのパフォーマンス指標の概要を取得します。必要な条件に基づいて結果をフィルタできます。ノードキーやクラスタキーなどの情報、および集計 IOPS 、スループット、収集期間(時間数)などの値が返されます。

「 GET 」

「 /datacenter /storage/aggregates /\ { key } /metrics 」のように入力します

aggregate キーの入力パラメータで指定したアグリゲートのパフォーマンスデータ(サンプルとサマリ)を取得します。時間範囲、 IOPS 、レイテンシ、スループット、パフォーマンス容量の概要、各カウンタで収集されたサンプル数、使用率などの情報が返されます。

「 GET 」

データセンター / ストレージ / アグリゲート / 分析

データセンター内のすべてのアグリゲートのパフォーマンス指標の概要が取得されます。必要な条件に基づいて結果をフィルタできます。アグリゲートキーやクラスタキーなどの情報、および集計 IOPS 、スループット、収集期間(時間数)などの値が返されます。

「 GET 」

「 /datacenter /storage/LUNs/{key}/metrics 」を参照してください

「 /datacenter /storage/volumes 」 /{key}/metrics 」を参照してください

LUN またはボリュームキーの入力パラメータで指定された LUN またはファイル共有(ボリューム)のパフォーマンスデータ(サンプルとサマリ)を取得します。読み取り、書き込み、合計 IOPS 、レイテンシ、スループットの最小値、最大値、平均値の概要などの情報。 各カウンタについて収集されたサンプル数が返されます。

「 GET 」

「 /datacenter /storage/LUNs/analytics 」を参照してください

「 /datacenter /storage/volumes /analytics 」を参照してください

データセンター内のすべての LUN またはボリュームのパフォーマンス指標の概要を取得します。必要な条件に基づいて結果をフィルタできます。Storage VM やクラスタキーなどの情報、および集計 IOPS 、スループット、収集期間(時間数)などの値が返されます。

「 GET 」

「 /datacenter /SVM/SVMs/{key}/metrics 」を参照してください

Storage VM キーの入力パラメータで指定した Storage VM のパフォーマンスデータ(サンプルと概要)を取得します。サポートされている各プロトコルに基づく IOPS の要約( 'nvmeta’FCP’iSCSI’NFS' など) ' スループット ' レイテンシと収集されたサンプル数が返されます。

「 GET 」

「 /datacenter /svm /SVMs/analytics 」のように入力します

は、データセンター内のすべての Storage VM のパフォーマンス指標の概要を取得します。必要な条件に基づいて結果をフィルタできます。Storage VM の UUID 、アグリゲート IOPS 、レイテンシ、スループット、収集期間(時間数)などの情報が返されます。

「 GET 」

「 /datacenter /network/ethernet/ports/{key}/metrics 」を参照してください

ポートキーの入力パラメータで指定された特定のイーサネットポートのパフォーマンス指標を取得します。サポートされている範囲から間隔(時間範囲)を指定すると、 API はその期間における最小、最大、平均パフォーマンス値などの累積カウンタを返します。

「 GET 」

「 /datacenter / network / ethernet / ports / analytics 」を参照してください

データセンター環境内のすべてのイーサネットポートのパフォーマンス指標の概要を取得します。クラスタとノードキー、 UUID 、スループット、収集期間、ポートの利用率などの情報が返されます。ポートキー、利用率、クラスタとノードの名前と UUID など、使用可能なパラメータで結果をフィルタリングできます。

「 GET 」

「 /datacenter /network/fc/interfaces/{ key }/metrics 」を参照してください

インターフェイスキーの入力パラメータで指定した特定のネットワーク FC インターフェイスのパフォーマンス指標を取得します。サポートされている範囲から間隔(時間範囲)を指定すると、 API はその期間における最小、最大、平均パフォーマンス値などの累積カウンタを返します。

「 GET 」

「 /datacenter /network /fc/interfaces/analytics 」を参照してください

データセンター環境内のすべてのイーサネットポートのパフォーマンス指標の概要を取得します。クラスタと FC インターフェイスキーと UUID 、スループット、 IOPS 、レイテンシ、 Storage VM などの情報が返されます。クラスタと FC インターフェイスの名前と UUID 、 Storage VM 、スループットなど、使用可能なパラメータで結果をフィルタリングできます。

「 GET 」

「 /datacenter /network/fc/ports/{key}/metrics 」を参照してください

ポートキーの入力パラメータで指定した特定の FC ポートのパフォーマンス指標を取得します。サポートされている範囲から間隔(時間範囲)を指定すると、 API はその期間における最小、最大、平均パフォーマンス値などの累積カウンタを返します。

「 GET 」

「 /datacenter /network/fc/ports/analytics 」を参照してください

データセンター環境内のすべての FC ポートのパフォーマンス指標の概要を取得します。クラスタとノードキー、 UUID 、スループット、収集期間、ポートの利用率などの情報が返されます。ポートキー、利用率、クラスタとノードの名前と UUID など、使用可能なパラメータで結果をフィルタリングできます。

「 GET 」

「 /datacenter /network/ip/interfaces/{ key }/metrics 」を参照してください

インターフェイスキーの入力パラメータで指定されたネットワーク IP インターフェイスのパフォーマンス指標を取得します。サポートされている範囲から間隔(時間範囲)を指定すると、サンプル数、累積カウンタ、スループット、送受信パケット数などの情報が返されます。

「 GET 」

「 /datacenter /network/ip/interfaces/analytics 」を参照してください

データセンター環境内のすべてのネットワーク IP インターフェイスのパフォーマンス指標の概要を取得します。クラスタと IP インターフェイスキー、 UUID 、スループット、 IOPS 、レイテンシなどの情報が返されます。クラスタと IP インターフェイスの名前と UUID 、 IOPS 、レイテンシ、スループットなど、使用可能なパラメータで結果をフィルタリングできます。