日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Active IQ Unified Manager で API を使用する際の推奨事項です

寄稿者

Active IQ Unified Manager で API を使用するときは、特定の推奨される方法に従ってください。

  • 有効に実行するには、すべての応答コンテンツタイプが次の形式である必要があります。

    application/json
  • API のバージョン番号は、製品のバージョン番号とは関係ありません。Unified Manager インスタンスで使用可能な最新バージョンの API を使用する必要があります。Unified Manager API のバージョンの詳細については、「 Active IQ Unified Manager での ST API のバージョン管理」を参照してください。

  • Unified Manager API を使用して配列値を更新する場合は、値の文字列全体を更新する必要があります。配列に値を付加することはできません。既存のアレイのみを交換できます。

  • パイプ( | )やワイルドカード( + * + )などのフィルタ演算子をすべてのクエリパラメータに使用できます。ただし、指標 API の IOPS やパフォーマンスなど、二重値は除きます。

  • フィルタ演算子のワイルドカード( * )とパイプ( | )を組み合わせてオブジェクトを照会しないでください。間違った数のオブジェクトが取得される可能性があります。

  • フィルタに値を使用する場合は、値に「 ? 」が含まれていないことを確認してください を押します。これは、 SQL インジェクションのリスクを軽減するためです。

  • すべての API に対する 'get' ( すべて ) 要求は ' 最大 1000 件のレコードを返すことに注意してください「 mAX_records 」パラメータを 1000 より大きい値に設定してクエリを実行した場合でも、返されるレコードは 1000 件だけです。

  • 管理機能を実行する場合は、 Unified Manager UI を使用することを推奨します。