日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SAML 認証に使用するアイデンティティプロバイダを変更する

寄稿者

Unified Manager でリモートユーザの認証に使用するアイデンティティプロバイダ( IdP )を変更することができます。

  • 必要なもの *

  • IdP の URL とメタデータが必要です。

  • IdP へのアクセスが必要です。

新しい IdP の設定は、 Unified Manager の設定前にも設定後にも実行できます。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、 * General * > * SAML Authentication * をクリックします。

  2. 新しい IdP の URI と Unified Manager サーバを IdP に接続するために必要な IdP メタデータを入力します。

    Unified Manager サーバから IdP に直接アクセスできる場合は、 IdP の URL を入力したあとに「 * IdP メタデータの取得」ボタンをクリックすると、 IdP のメタデータフィールドに自動的に値が入力されます。

  3. Unified Manager のメタデータ URI をコピーするか、メタデータを XML テキストファイルに保存します。

  4. [ 構成の保存 *] をクリックします。

    設定を変更するかどうかの確認を求めるメッセージボックスが表示されます。

  5. [OK] をクリックします。

新しい IdP にアクセスし、 Unified Manager サーバの URI とメタデータを入力して設定を完了します。

許可されたリモートユーザが Unified Manager のグラフィカルインターフェイスにアクセスする際にクレデンシャルを入力するページが、次回から古い IdP のログインページではなく新しい IdP のログインページに変わります。