日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Storage VM ピアの概要

寄稿者

Storage VM ピアは、ソース Storage VM からデスティネーション Storage VM へのマッピングであり、リソースの選択やセカンダリボリュームのプロビジョニングのためにパートナーアプリケーションで使用されます。

ピアは、デスティネーション Storage VM がセカンダリデスティネーションか 3 次デスティネーションかに関係なく、常にソース Storage VM とデスティネーション Storage VM の間で作成されます。セカンダリデスティネーション Storage VM をソースとして使用して、 3 番目のデスティネーション Storage VM とのピアを作成することはできません。

Storage VM をピアリングする方法は 3 つあります。

  • 任意の Storage VM にピアリングします

    任意のプライマリソース Storage VM と 1 つ以上のデスティネーション Storage VM の間にピアを作成できます。つまり、現時点で保護を必要とする既存のすべての Storage VM と、以降に作成されるすべての Storage VM が、指定したデスティネーション Storage VM とピア関係にあります。たとえば、異なる場所にある複数のソースのアプリケーションを 1 箇所にある 1 つ以上のデスティネーション Storage VM にバックアップできます。

  • 特定の Storage VM にピアリングしてください

    特定のソース Storage VM と 1 つ以上の特定のデスティネーション Storage VM の間にピアを作成できます。たとえば、データを互いに分離する必要のある多数のクライアントにストレージサービスを提供する場合は、このオプションを選択して、特定のソース Storage VM を、対象のクライアントにのみ割り当てられる特定のデスティネーション Storage VM に関連付けることができます。

  • 外部の Storage VM とピアリングしてください

    ソース Storage VM とデスティネーション Storage VM の外部のフレキシブルボリュームの間にピアを作成できます。