日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

スクリプトの追加

寄稿者

Unified Manager でスクリプトを追加し、アラートに関連付けることができます。アラートが生成されるとこれらのスクリプトが自動的に実行されるため、イベントが生成されたストレージオブジェクトに関する情報を取得できます。

  • 必要なもの *

  • Unified Manager サーバに追加するスクリプトを作成して保存しておく必要があります。

  • サポートされているスクリプトのファイル形式は、 Perl 、 Shell 、 PowerShell 、 Python 、および「 .bat 」ファイルです。

    Unified Manager がインストールされているプラットフォーム サポートされている言語

    VMware

    Perl / シェルスクリプト

    Linux の場合

    Perl 、 Python 、シェルの各スクリプト

    Windows の場合

    PowerShell 、 Perl 、 Python 、 .bat スクリプト

    • Perl スクリプトを使用するには、 Perl が Unified Manager サーバにインストールされている必要があります。VMware 環境には Perl 5 がデフォルトでインストールされ、 Perl 5 のサポート対象のみがスクリプトでサポートされます。Unified Manager のあとに Perl をインストールした場合は、 Unified Manager サーバを再起動する必要があります。

    • PowerShell スクリプトを使用するには、スクリプトを実行するための適切な PowerShell 実行ポリシーが Windows サーバで設定されている必要があります。

    注記

    スクリプトでログファイルを作成してアラートスクリプトの進捗を追跡する場合は、ログファイルが Unified Manager のインストールフォルダ内に作成されないようにする必要があります。

  • アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

カスタムスクリプトをアップロードし、アラートに関するイベントの詳細を収集できます。

注記

この機能がユーザインターフェイスに表示されない場合は、管理者によって無効にされています。この機能は、必要に応じて、 * Storage Management * > * Feature Settings * から有効にできます。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、 * Storage Management * > * Scripts * をクリックします。

  2. [ * スクリプト * ] ページで、 [ * 追加 ] をクリックします。

  3. [ スクリプトの追加 * ] ダイアログボックスで、 [ * 参照 * ] をクリックしてスクリプトファイルを選択します。

  4. 選択したスクリプトの概要を入力します。

  5. [ 追加( Add ) ] をクリックします。